広瀬すず、菅田将暉と「戦いたい」と本気告白!アクション願望を明かす

広瀬すず、野望を語る!
  • 広瀬すず、野望を語る!

岩井俊二監督によるテレビドラマをアニメ映画化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が、8月30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、声優を務めた広瀬すずと主題歌を担当したDAOKOが登壇。広瀬が「戦いたい」と菅田将暉に宣戦布告した。

本作は、転校することになってしまった少女・なずなを救おうと、何度も夏の一日を繰り返す少年・典道の奮闘をつづる青春物語。DAOKO×米津玄師による主題歌「打上花火」も注目を集めている。

「もしも…」の世界を描く映画にちなみ、ホームページ上で募集した「もしも◯◯だったら?」との質問に答えることになった広瀬。抽選箱のなかから、広瀬が引き当てた質問には「もし実写で菅田将暉さんと共演するなら、どんな映画?」と書かれていた。

本作で、菅田と声の共演を果たした広瀬は「ええ!難しいなぁ!」と戸惑いながらも「戦いたいですね」と告白。「最近、アクションをやってみたいと本気で思っていて。キックボクシングも頑張っている。(菅田と)戦いたいです」と語り「そして勝ちたいです」と野心をのぞかせていた。

またこの日は、観客には告知しないサプライズゲストとして、DAOKOが登場。ステージで生歌を披露することが明かされると、会場からも「キャー!」と大歓声が上がった。映画鑑賞後の観客を前に、透き通るような歌声を響かせたDAOKO。

DAOKOが歌い終わると、横で歌声に聴き入っていた広瀬は「鳥肌が止まらないです。今、すごいです。繊細ですごいきれいでした」と感激しきり。DAOKOは「私はいつもすごく緊張するので。今日も、すずさんと、映画を観られたみなさんの目の前で歌うのは、すごく緊張していたんですが、大好きな映画館で歌えることもないと思うので光栄でした」と喜びを語っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報