【福岡のうまかもん】常に大行列!揚げたてのバリうま天ぷらを味わえる「天麩羅処ひらお 本店」

福岡発祥の天ぷら専門店で、天ぷらをより気軽な日常食、また福岡人のソウルフード的存在へと高めた名物店「天麩羅処(てんぷら)ひらお 本店」。

1番人気の「あじわい定食」(770円)は、エビ、鶏モモ、白身、イカ、野菜3種
  • 1番人気の「あじわい定食」(770円)は、エビ、鶏モモ、白身、イカ、野菜3種

リーズナブルな価格ながら、天ぷら職人が目の前でネタを揚げ、客の食べ進め具合を見ながら1品ずつ出してくれる本格スタイルが人気を集め、系列店はどこも激混み。特に福岡市・東平尾の本店は、福岡空港も近いため観光客、外国人客の来店も多い。

植物性の油でカラリと揚げる
  • 植物性の油でカラリと揚げる
【写真を見る】カウンターの目の前でネタを揚げ、1品ずつ熱々を出してくれる。3台の揚げ台を備え、厨房を囲むようにカウンターがある
  • 【写真を見る】カウンターの目の前でネタを揚げ、1品ずつ熱々を出してくれる。3台の揚げ台を備え、厨房を囲むようにカウンターがある
天ツユほか、カレー塩、抹茶塩、ゴマ塩で食べるのもいい
  • 天ツユほか、カレー塩、抹茶塩、ゴマ塩で食べるのもいい

エビ、鶏モモ、白身、イカ、野菜のセット「あじわい定食」(770円)など盛り合わせの定食の他、20種近くあるネタはもちろん単品注文も可能。白身魚には宮崎延岡のメヒカリを使うなど素材を厳選している。天ツユやカレー塩、抹茶塩、ゴマ塩など、お好みの味付けで、サクサクの天ぷらを堪能しよう。

イカの塩辛はじめ、煮ダイコン、モヤシなどが無料総菜として卓上に置いてある
  • イカの塩辛はじめ、煮ダイコン、モヤシなどが無料総菜として卓上に置いてある
塩辛は白飯とのテッパンコンビ
  • 塩辛は白飯とのテッパンコンビ

また、同店を語る上で欠かせないのが、卓上に置いてあるイカの塩辛。ユズの香りもいいオリジナルのイカの塩辛を楽しみにしている人も多く、天ぷらが来る前にまずは塩辛で白飯をかきこむガッツリ派のようすもよく目にする。この特製塩辛やワサビ味噌は福岡みやげとしても人気だ。

54席あるカウンターはオープン後すぐに満席になる
  • 54席あるカウンターはオープン後すぐに満席になる
福岡空港の滑走路が目の前で、店内から飛行機も見ることができる
  • 福岡空港の滑走路が目の前で、店内から飛行機も見ることができる

本店、早良店、久山店、貝塚店、原田店、ほか大名店の6店舗がある。安くて旨い、福岡の天ぷら。福岡以外の人にもぜひ堪能してほしい。

【九州ウォーカー編集部/文=上村敏行(J.9)、撮影=戸高慶一郎】

九州の最新ニュースを配信中!→九州ウォーカーWEB

■天麩羅処ひらお 本店
住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
電話:092-611-1666
時間:10:30~21:30(L.O.21:00)
休み:年末年始

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報