土屋太鳳の言葉を間宮祥太朗が解説「夏を“深い”ってなかなか表現しない」

土屋太鳳の弁を間宮祥太朗がフォロー
  • 土屋太鳳の弁を間宮祥太朗がフォロー

土屋太鳳主演の青春映画『トリガール!』の初日舞台挨拶が、9月1日にTOHOシネマズ新宿で開催。土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、英勉監督が登壇した。土屋は「すごく“深い”夏でした」と一生懸命に語ると、間宮がその言葉をわかりやすくフォローした。

土屋は「ここにいらっしゃる英監督や役者さんはもちろん、英組が最高なんです。プロとしての毒みたいなものがあって。魅力的な毒でいい緊張感があり、土屋太鳳自体も解き放たれました」と現場の感想を述べながら、自分の言ったことに対して「大丈夫?」と間宮に尋ねる。

間宮は土屋の“深い”夏について「“深い”って夏に対してなかなか表現しないからそこが新しい。斬新な視点です。どっぷりと夏に浸かったということでございまして。そうお届けしております」と解説し、笑いを取った。

間宮は現場について「単純に楽しかったです。好き勝手やらせてもらって、それに対する太鳳の反応が新鮮で。生き生きした映画になったなと」と手応えを口にした。

また、間宮は高杉の上着を指差し「今日のファッションのポイントはここに鳥がいて、背中にももう一匹、といった感じになっております」と紹介し、会場は大爆笑。高杉も「うれしいです。気づいていただけて」と大笑いした。

最後に土屋が「映画も原作も名言の宝庫だと思うんですが、言葉のひとつに『勇気ってのは無謀とは違う。勇気は愛から生まれるんだ』って言葉があって。まさに人力飛行機はたくさんの人たちの勇気で飛ぶと思います。映画も同じ。このメンバーで最高のビッグフライトを目指したいと思います」と力強く締めくくった。

『トリガール!』は、人力飛行サークルに入部し女子大生と仲間たちの奮闘を描く青春映画。主演は土屋太鳳で、憧れの高橋先輩を高杉真宙が、コンビを組む坂場先輩を間宮祥太朗が演じている。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報