足立梨花、「おっぱい触らせて」に「いいよって言っちゃうかも!」と衝撃発言

足立梨花「おっぱい小さいんです!」と赤裸々告白も
  • 足立梨花「おっぱい小さいんです!」と赤裸々告白も

町麻衣の人気コミックを映画化した『アヤメくんののんびり肉食日誌』(10月7日公開)の完成披露イベントが9月2日に一ツ橋ホールで開催され、黒羽麻璃央、足立梨花、佐伯大地、尾関陸、主題歌を歌うedda、芝崎弘記監督が登壇。足立が「おっぱい小さいんです」と赤裸々告白するなど、“おっぱい”とのワードが飛び交うユニークな舞台挨拶となった。

本作は、一見“草食系男子”のアヤメ(黒羽)が、恐竜の化石や骨が大好きな少々変わり者の美女・椿(足立)に肉食系のアプローチをかける様をつづるラブコメディ。のんびり屋ながら、一目惚れした椿に「おっぱい…触らせてもらっていいですか」と言ってしまうなど、アヤメの天然かつストレートなセリフも印象的な本作。

黒羽はそのセリフを振り返り、「アヤメくんとして言うために、ヨコシマな気持ちを抑えました。すごい衝撃的でしたもんね」と隣の足立を見つつ、照れ笑い。「梨花姉さんが引っ張ってくれたので、僕は安心して頑張りました」と椿役の足立に感謝しきりだ。

足立には、「もし自分が、『おっぱい…触らせてもらっていいですか』と言われたらどうする?」との質問が投げかけられた。足立は「普通に考えたらビンタですよね」と率直な思いを吐露。しかしながら、「私、おっぱい小さいんですよ。なので、あまり自信がない、このおっぱいを褒めてもらうことはないので」と言い、「もしかしたら、びっくりしすぎて『いいよ』って言っちゃうかも」と意外にもOKしてしまうかもと回答。衝撃的なコメントに会場からも笑いが起こっていた。

バラエティ番組では、お笑いコンビ・さまぁ〜ずの三村マサカズから「おっぱい触らせて」と言われたこともあるという足立。「あの人はただの変態。あの人はイヤ。あの人だけはNG!」と猛烈に拒絶し、再び会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報