松山ケンイチ「由里子ちゃんと僕が裸になるシーン」に不満!

松山ケンイチの不満に吉高由里子が大爆笑!
  • 松山ケンイチの不満に吉高由里子が大爆笑!

沼田まほかるのベストセラー小説を映画化した『ユリゴコロ』(9月23日公開)の完成披露試写会が9月3日にユナイテッドシネマ豊洲で開催され、吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチ、熊澤尚人監督が登壇。松山が、裸シーンについての不満を告白した。

本作は、殺人者による手記が見つかったことをきっかけに、過去と現代が交錯しながら、登場人物たちが愛と宿命の渦に翻弄されていく様を描く物語。吉高が、殺人者であるヒロインの美紗子を演じた。

吉高は「ドキドキとうれしさとが入り混じる」と観客を前に心境を吐露。「クスッとするところが一つもない映画で。観終わった後に魂を抜かれていると思います」と壮絶な展開を辿る完成作に自信をのぞかせた。

完成作を観た感想として、吉高は「愛は凶暴で、血の繋がりは残酷なんだなと思った」とコメント。「愛情っていうものは容赦がない。その人のたった一言で、明日を迎えられたり、明日を断とうしたりもする。そういう凶暴さがあるんじゃないかなと思う」と愛について思いを巡らせたことを明かしていた。

ヒロインと運命的な出会いを果たし、その愛の対象となる男を演じた松山は「由里子ちゃんと僕が裸になるシーンがある」と暴露。「撮影でどこから撮られてもいいように、準備万端にした。お尻も出していいようにした」そうだが、「出来上がった作品を観たら、巧妙にお尻が隠されていた。なんで?ファンデーションまで塗ったのに」と不満げな顔を見せて、会場の笑いを誘った。

さらに「そうしたら、レイティングに引っかかるとのことで。いや、ちょっと待ってよ!もっと危ない、狂気的なもの出ているでしょう?ワイのお尻はそれを超えちゃってるの?ちょっとびっくりした」と続け、これには吉高も大爆笑。「狂気的なお尻。見たこともない、凶暴さのお尻」と楽しそうに松山をからかっていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報