イ・ビョンホン、海外スターとして初の劇場ジャック「気分が良いです」

イ・ビョンホンが劇場をジャック
  • イ・ビョンホンが劇場をジャック

イ・ビョンホンが主演映画『MASTER/マスター』(11月10日公開)を引っさげて来日し、9月4日にTOHOシネマズ新宿の全10スクリーン(4DXとMX4Dを除く)でノンストップ10連続舞台挨拶を行った。イ・ビョンホンは「映画館をジャックするということは、映画の多様性を考えるといいことではないのかもしれないけど、試写会ということで許していただけるかな。海外の俳優として映画館をジャックするのは初めてらしいので、気分が良いです」と感想を語った。

『MASTER/マスター』は韓国で実際に起きた大規模な詐欺事件“チョ・ヒパル事件”を基にしたクライムアクション。イ・ビョンホンは、大規模な投資詐欺を仕掛ける悪・チン・ヒョンビル会長役を演じた。

「どんな役でも自分が演じる以上は役柄に説得されなければいけない。でも、今回は実在の人物で、その行動や言葉が残っているけど、なかなか理解できなくて役作りするのがとても大変なキャラクターでした」と今回の役どころを演じる苦労を語った。

会場からは幅広い世代から「ビョンホンシー」「ビョン様」という黄色い歓声が上がる。イ・ビョンホンは「映画の試写会ではなくて、小さなファンミーティングみたいな感じですね」とキラースマイルを見せた後「実際の事件をモチーフにしたこの映画は、史上稀に見る詐欺師が出てきます。こんなことが起こりえるんだなと考えながら観てくれればより楽しめると思います」とアピールした後、次の会場へと急いだ。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報