綾野剛、佐藤健は「いい顔をする」白熱バトルで絆を結ぶ!

佐藤健、綾野剛ら『亜人』メンバーと仲良く自撮り!
  • 佐藤健、綾野剛ら『亜人』メンバーと仲良く自撮り!

桜井画門の人気コミックを実写映画化する『亜人』(9月30日公開)の完成披露試写会が9月4日に東京国際フォーラムで開催され、佐藤健、綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、本広克行監督が登壇。佐藤が「首が2cmくらい縮んだ」と綾野とのバトルで起きた体の異変を明かした。

ある日突然、絶対に死なない新人類“亜人”であると知った主人公・圭が、絶望に苛まれながらも、人類に戦いを挑む亜人たちに立ち向かっていく姿を描く本作。佐藤が過酷な運命を背負う主人公・圭を、綾野が不死身のテロリスト・佐藤を演じる。この日は、THE ORAL CIGARETTESがサプライズで主題歌を披露した。

亜人としてのアクションに挑んだ佐藤は「新鮮だったことだらけ。みなさん、アクション映画をたくさん見てこられたと思うんですが、『見たことのあるアクションは1秒もいらない』という気持ちで作らせていただいた」と並々ならぬ手応えを吐露。「亜人だからこそできるアクション、ちゃんと意味のある戦いをしていく作業が難しかった」と語っていた。

佐藤と対決する役を演じた綾野は、「佐藤健を追い込むのは楽しかった。いい顔をするんですよ」とニヤリ。「彼とだったから、あそこまでのアクションができたと自負している。頭脳アクションバトルという、今までに見たことがない、新感覚のアクションになっている」とこちらも自信をのぞかせていた。

バトルでは、佐藤が「やられ役にまわった」そうで、「綾野さん演じる役柄が最強。僕は、それから逃げて、やられる側の芝居が多かった。高いところから飛び降りたり、痛い思いをした」と述懐。「撮影が終わったら、首が2cmくらい縮んでいた」と“やられ役”は体に思わぬ負担もかかった様子。

対峙する役柄で、しっかりと信頼関係を築いた佐藤と綾野。綾野が「ワクワクするだろぅ?」と役柄のモノマネで語ると、佐藤が「今、スギちゃんみたいだった」とすかさずツッコみ、綾野が「ワイルドだろぉ?」とそれに乗っかるなど、丁々発止のやり取りを披露。ステージ降段時には、綾野が佐藤の手をとってエスコートするなど、仲の良い様子を見せて会場を大いに盛り上げていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報