『二度めの夏、二度と会えない君』で初共演の村上虹郎&吉田円佳、それぞれの印象は?

バンドに青春をかける高校生のひと夏の出来事を描く、赤城大空の人気ライトノベルを実写映画化したラブストーリー『二度めの夏、二度と会えない君』(公開中)。劇中ではバンドのメンバーであり、仲間以上の思いを抱くようになる智役の村上虹郎とヒロインの燐役の吉田円佳に直撃。映画の裏話はもちろん、本作への出演を通して感じたことなどを語ってもらった。

もちろん本作が初共演の2人
  • もちろん本作が初共演の2人

テレビドラマや映画への出演が続く若手注目株の村上と、演技初挑戦の吉田は本作の撮影が初対面。「“たんこぶちん”(吉田が所属するバンド)のことも含めて、あえて知りすぎないようにして撮影に入ったんです。そうしたら、吉田さんは元気で自分の夢を叶えるためにひたすら必死な燐そのものでした」と燐役がまるで彼女のために用意されたのでは?と思ったそう。

そんな村上に対し、吉田は綿密にリサーチ。「村上さんが不良役を演じていたドラマ『仰げば尊し』を見ていたので、怖い人なんじゃないか…って不安だったんですけど、そんな人じゃなかったから安心しました」とホッとしたというのが第一印象。

「円佳さんは原作通りの元気な燐でびっくりした」と語る智役の村上虹郎
  • 「円佳さんは原作通りの元気な燐でびっくりした」と語る智役の村上虹郎

吉田が所属するガールズバンド“たんこぶちん”は彼女が小学生の時に誕生、今年で結成10周年を迎えた。「これまで演技をするなんて全然考えたことがなかったから最初は戸惑いもありました。でも、燐は自分と年齢も離れていないし、音楽好きという点は同じだから自然と役に入っていけました」とこれまでバンド一筋で初の演技も、役に助けられた部分が多かったようだ。「(智と燐らが組むバンド)“Primember”という、もうひとつのバンドで演奏できて楽しかったです」と彼女にとってプラスになる経験だったと言う。

ひさびさの制服姿を披露
  • ひさびさの制服姿を披露

Primemberでギターを担当する村上は、元々ギター経験があったもののバンドは初体験。「メンバー4人が一緒になって、1つの曲に取り組む。バンドってまさに“運命共同体”だと思うんです。そんな感覚が味わえたのはよかったです」と役を通して大きな刺激を受けたそう。

自身のバンドではボーカルとギターを担当する吉田だが、劇中ではボーカルに専念
  • 自身のバンドではボーカルとギターを担当する吉田だが、劇中ではボーカルに専念

本作で“バンド”と共に大事な要素になっているのが“タイムリープ”。智は雪の降る日に土手で転がり落ち、半年前に遡ってしまったことから、2人の二度めの夏が始まる。では、2人にとってタイムリープしてやり直したいことはあるのだろうか?「高校生に戻って、もう少し勉強したいですね。その時はバンドで生きていくのに勉強なんか必要ないって思って、まったくやらなかったから…」と吉田は自らの高校時代を反省。一方、村上は「もう一度すべてやり直すことは面倒くさいし、過去に戻りたいとは思わないです」と過去は振り返らない主義なのだとか。

【写真を見る】2人でエアギターを披露!
  • 【写真を見る】2人でエアギターを披露!

バンドものでありファンタジー要素も強い本作は、普遍的な青春ラブストーリーとしても共感できる部分が多い。「智や燐と同世代の高校生やカップルはもちろん、いろんな意味で“頑張っている人”に燐の全力投球なところが響くと思います」(吉田)、「試写会で見てくださった女性の感想を聞いて“そうなんだ…”と女性目線の意見を聞いて発見もあったので、カップルで見て感想を言い合うのもいいかもしれません」(村上)と2人が言うように、ぜひいろんな世代の方に楽しんでほしい一作だ。【取材・文/トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報