清原果耶、「セトウツミ」でテレ東ドラマ初出演!

「セトウツミ」でヒロインを演じる清原果耶
  • 「セトウツミ」でヒロインを演じる清原果耶

10月13日(金)よりスタートするドラマ25「セトウツミ」(テレビ東京ほか)のヒロインに、清原果耶が決定。清原はこれがテレビ東京の連続ドラマに初出演となる。

清原は、連続テレビ小説「あさが来た」(2015-16年、NHK総合ほか)で女優デビューし、映画「3月のライオン」(2017年)では川本三姉妹の次女・ひなた役に抜てきされた注目の若手女優だ。

「セトウツミ」は、関西の男子高校生・瀬戸(葉山奨之)と内海(高杉真宙)が放課後に河原でまったりと“喋るだけ”の会話劇。今回、清原は瀬戸と内海の同級生で学園のマドンナ・樫村一期(いちご)を演じる。大阪出身の清原がネーティブな関西弁を披露する。

清原は「コメディー作品は初挑戦で不安」と話したが、「丁寧に演じ、視聴者の期待を上回りたい」と意気込んだ。

ドラマ25「セトウツミ」は毎週金曜夜0時52分より放送。

清原果耶コメント

コメディー要素が強い作品に参加させていただくことが初めてなので、正直なところ不安でいっぱいです…。原作を読んだ際に、何げない会話にもかかわらず、どこかシュールで面白い瀬戸と内海のやりとりにページをめくるたびにドキドキワクワクさせられました。

原作を知らない方とこの気持ちを共有できると思うと、とてもうれしいですし気合いが入ります。

演じる樫村一期はとても自分に正直で、天然で、少し計算高いようなイメージを受けました。今感じている彼女の印象だけでなく、これから演じていく中で新たな魅力を見つけ、表現できたらいいなと思っています。

しっかりと研究をして、自分なりに素直に演じたいです。セトウツミの舞台である大阪は私の出身地ということもあり、とても親近感が湧いています。1つ1つの場面を丁寧に演じて、視聴者の皆さんの期待を上回る作品になるように、樫村一期として一生懸命頑張りたいと思います。

ドラマ25「セトウツミ」
10月13日(金)スタート
毎週金曜夜0:52-1:23
テレビ東京ほかで放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報