警察版『仁義なき戦い』!? 柚月裕子「孤狼の血」が豪華キャストで18年春に映画化決定

白石監督作品には欠かせない4人の曲者役者、出演決定!
  • 白石監督作品には欠かせない4人の曲者役者、出演決定!

今もっとも注目されるミステリ作家である柚月裕子の「孤狼の血」が、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で日本国内の映画賞を総なめにした白石和彌監督により映画化され、2018年5月12日(土)に公開されることが発表された。

既に発表されているキャストは、主演である役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介と、若手から大御所まで豪華な面子が集結している。そしてこの度、新たに中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也の白石監督作品に欠かせない4人の曲者役者の出演が発表となった。

過去に、白石監督の『日本で一番悪い奴ら』に出演していた中村獅童は、役所広司演じる主人公について嗅ぎ回る新聞記者・高坂を演じており、その圧倒的な存在感を見せつける。

『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』に出演しているピエール瀧は、全日本祖國救済同盟の代表を務める瀧井役を熱演。同じく『日本で一番悪い奴ら』に出演していた音尾琢真は、江口洋介演じる一之瀬が属する尾谷組と敵対する、加古村組の構成員・吉田を演じており、彼のある行動をきっかけに抗争が激化していくという、キーマンの役柄だ。

さらに『日本で一番悪い奴ら』に出演していた中村倫也は、尾谷組の構成員・永川を「狂犬」と呼ぶに相応しい振る舞いで演じきった。

撮影を終えた中村獅童は、「監督!またやっちゃいましたね。ウン!こうなったらとことんやっちゃいましょ!!!」とコメントしており、警察版『仁義なき戦い』とも言われる本作で、どんな過激な描写が待っているのか、否が応にも期待が膨らむ。

撮影場所は設定と同様、広島県呉市を中心にオール広島ロケを敢行。昭和63年当時を彷彿とさせる町並みの中でリアリズムにこだわって製作された本作は、原作ファンはもちろん、誰が見ても楽しめるエンタテインメントに仕上がっているそうだ。公開までの8か月、更なる続報を期待して待ちたい。【MovieWalker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報