アートファン必見、展覧会検索アプリにGPS機能追加

全国1500以上の美術館、博物館、ギャラリーで開催される展覧会や芸術祭のチラシ、お得なクーポンを掲載するスマートフォンアプリ「チラシミュージアム」は、GPSを利用し、現在地や旅行先の展覧会情報が検索できる機能を追加した。また、リニューアルを記念して合計100人以上を展覧会に招待するキャンペーンを9月8日(金)から18日(祝)の間実施する。

GPS機能追加の大型リニューアル
  • GPS機能追加の大型リニューアル

同アプリは2014年にサービスを開始し、現在は30万人以上のユーザーが利用する人気アプリ。今回のGPS機能追加はアプリリリース以来初めての大型リニューアルだ。現在地、駅名、地名での検索が可能となる。

また、リニューアルキャンペーンは、期間中にアプリ内から申し込み可能。「怖い絵」展(上野の森美術館)、安藤忠雄展(国立新美術館)、ゴッホ展(東京都美術館)など、10以上の展覧会に合計100人以上を招待する。

旅行先でははもちろん、ふらっと街に出てみたけれど思いのほか時間が余ってしまった、そんなときにも使ってみたいGPS検索機能。アートファンにとっては嬉しい機能追加だ。まだアプリを利用したことがないひとは、キャンペーン期間中にダウンロードしてみては。【ウォーカープラス編集部/岩下大志】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報