ジェニファー・ローレンス、本気ドレス連発!UKプレミアは全身スケスケで勝負

ジェニファー・ローレンス、本気ドレスでUKプレミアへ
  • ジェニファー・ローレンス、本気ドレスでUKプレミアへ

ヴェネツィア国際映画祭で上半身が透けるディオールのドレスを着用し、注目を集めたジェニファー・ローレンス。その話題も冷めないうちに、今度は新作『マザー!』のUKプレミアに全身スケスケのドレスを着て現れた。

全身が蜘蛛の巣で覆われたような、目の粗い光沢のある糸で編まれたアトリエ・ヴェルサーチのドレスは、体のラインがくっきりと浮き出る超セクシーなデザイン。モデルばりの美しいスタイルで自信たっぷりにレッドカーペットに立ったジェニファーは「現在レッドカーペットでもっともグラマラスな女優」の名を欲しいままにしている。

「ヴェネツィアのドレスがベストかと思ったけど、こっちが彼女のベストかも」「若くてきれいな女優っていうだけじゃなくて、このドレスを着た彼女はセンセーショナルなほど」「派手なドレスなのに、さりげなくて、やり過ぎてない印象を与えるのがすごい」「まるで彼女のために作られたドレスのよう。メイクとヘアも好き。隙がない」などのコメントが英紙デイリー・メールに殺到している。

出演作『マザー!』は交際中のダーレン・アロノフスキー監督とジェニファーがタッグを組んだホラー映画。プレミアで本気ドレスを連発して話題になっているジェニファーだが、映画自体の評判は実は芳しくない。ヴェネツィアではブーイングが起きたとも伝えられており、監督自らが「万人受けするような映画じゃない」と反論する場面もあった。【UK在住/MIKAKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報