カジュアル客船でネタ披露!?至近距離でよしもと芸人に会える「スーパースター ヴァーゴ」

今年、芸歴20周年を迎えたトータルテンボス(左から)藤田憲右、大村朋宏
  • 今年、芸歴20周年を迎えたトータルテンボス(左から)藤田憲右、大村朋宏

スタークルーズの旗艦船「スーパースター ヴァーゴ」が、大阪と横浜を母港とする 7 泊 8 日クルーズを11月下旬まで開催中。

船内ではよしもとクリエイティブ・エージェンシーとの合同プロジェクト「ヴァーゴtheよしもと@クルーズ」を展開。毎週よしもと芸人が乗船し、とっておきの爆笑ネタを披露する。

8月27日は、“今日のいたずら”ネタで大人気トータルテンボスの他、モンスターエンジン、くまだまさしが乗船し、ネタやパフォーマンスを行った。

夜の11時にステージが始まると、まずはモンスターエンジンが登場。結婚する娘と父親のネタなどで観客の笑いを誘った。

トップバッターでネタを披露したモンスターエンジン(左から)西森洋一、大林健二
  • トップバッターでネタを披露したモンスターエンジン(左から)西森洋一、大林健二

続いて登場したのはトータルテンボス。占い師やお家デートのコントで、さらに会場を沸かせた。

全国20公演の「全国漫才ツアー2017『YAGYU』」を開催中!
  • 全国20公演の「全国漫才ツアー2017『YAGYU』」を開催中!

そしてくまだは、クラッカーなど小道具を使った鉄板ネタを披露。言葉が通じなくても分かりやすいパフォーマンスが、外国人にもウケていた。

【写真を見る】お尻からクラッカーを吹き飛ばすくまだまさしのネタに、会場大爆笑!
  • 【写真を見る】お尻からクラッカーを吹き飛ばすくまだまさしのネタに、会場大爆笑!
風船の空気を利用して、右鼻でチャルメラの音楽を演奏!
  • 風船の空気を利用して、右鼻でチャルメラの音楽を演奏!

最後には会場のみんなでじゃんけん大会を行い、約1時間のショーを終了。

ほか、船内にはナイトクラブ、プール、ジム、ライブラリー、ゲームができる「アーケード」などを併設。食事は中華・西洋・日本料理だけでなく、客船では珍しいインド・東南アジア料理などもそろっており、バイキング形式の店も!

東京ドームの約1.5倍の広さを誇る13階建クルーズ客船で、その日の気分に応じて思い思いの時間を楽しむことができる。

「スーパスター ヴァーゴ」特設サイト
【HP】http://www.starcruises.co.jp/ssvjpn/

キーワード

[PR] おすすめ情報