松田龍平「宇宙人みたいと言われた」黒沢清監督が太鼓判!

松田龍平、独特オーラが宇宙人のよう!?
  • 松田龍平、独特オーラが宇宙人のよう!?

劇団イキウメの人気舞台を黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』の初日舞台挨拶が9月9日に新宿ピカデリーで開催され、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、黒沢清監督が登壇。宇宙人役を演じた松田が「黒沢監督から『そのままでいてくれればいい』と言われた」と告白した。

本作は、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿を描くSFサスペンス。

独特のオーラを放つ松田だが、黒沢監督・製作陣も満場一致で、この宇宙人役に松田の名前を挙げたそう。松田は「撮影前に黒沢監督にお会いして、『宇宙人みたいですね』と言われた」と苦笑い。「『そのままでいてくれればいいです』と言われて、ホッとしたのを覚えています」と飄々と語り、会場の笑いを誘っていた。

演じる上では「空っぽなんだけれど、『これはなんだろう』『へぇ』という好奇心のようなものを持ちながらやっていた」という松田。「長澤さんや黒沢さん、みなさんに手をとって引っ張っていってもらった感じ」と周囲に感謝しきり。

黒沢監督は「最初にお会いしたときに、『宇宙人役なので、よくわかりません』と正直に言いました」と監督自身も難役だと思っていたう様子。「『それでも大丈夫ですよね?』と聞いたら、松田さんは『はっ』と笑って『大丈夫だと思います』と言って。見事に演じてくれました」と松田の懐の深さに感服していた。

松田と同じく宇宙人を演じたのが高杉で「僕は、概念を持っている侵略者。どうしたら侵略者っぽくなるのかなと思って演じていた」とコメント。松田と高杉は宇宙人役同士でシンパシーを感じることがあったようで、松田が「同じ宇宙人だから、どうやっているのかなって」と言うと、高杉も「気になっていました。初めて会うシーンでは、やっと出会えた感があった」と2人で笑顔を見せ合うなど、不思議な絆を育んだことを明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報