長谷川博己、思い出の地・二子玉川にサプライズ登場!「この近くで働いていた」

長谷川博己「二子玉川に毎日のように来ていました」
  • 長谷川博己「二子玉川に毎日のように来ていました」

劇団イキウメの人気舞台を黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』のサプライズ舞台挨拶が9月9日に開催され、109シネマズ二子玉川のステージに長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、黒沢清監督が登場。長谷川が「この近くで働いていた」と懐かしの場所での舞台挨拶となったことを告白した。

本作は、数日間の行方不明の後、夫が“侵略者”に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、日常が異変に巻き込まれていく世界を描くサスペンスドラマ。“侵略者”が映画の鍵となることから、この日はどこに“侵略”するかわからない、サプライズ舞台挨拶を決行。キャスト&監督、観客にとっても実施場所を知らされないという異例のイベントとなった。

しかし、ファンの調査力は相当なもの。会場にはしっかりと予想をしていた観客が多かったのか、驚きの声はほとんど上がらずに温かな拍手とともにキャスト陣を迎えた。観客の反応を見た長澤は「こういうことをするのは初めて。ドキドキしていたんですが、結構アットホームな感じ。みなさんと会ったことがあるような気がしています。うれしいです」とニッコリ。

恒松が「でもきっと、本当にビックリしている人もいると思います!」と呼びかけると数人の手が挙がった。「よかった!」と喜びの声を上げた恒松だが、松田は「すごい少ない。4人くらい」とボソッとつぶやき、会場も爆笑。「(映画を)観終わった人にサプライズをした方がよかったのでは」と企画にツッコミを入れて、さらなる笑いを誘っていた。

そんななか、「この近くで働いていた」と告白したのが長谷川。「この近くに会社がありまして。まだ役者をやる前に1年間、働いていた。毎日のように二子玉に来ていました」と言うだけあって、移動車のなかでも「すぐにわかりましたよ!」と懐かしの場所に戻ってきたことがすぐにわかったという。

最後に長澤は「今までに見たことのない出来事が起こります。現実にもこういうことがあるんじゃないかと錯覚するような映画になっています」とアピール。「何回も観てもらいたい作品になっています。楽しんでください」と笑顔を見せ、観客との触れ合いの時間を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報