【大阪】珍しい手延べのラーメン!「申手延麺」のモチモチ担担麺

日本の有名店などで約16年のキャリアを持つ店主が独立した「申手延麺」。開店前に中国で“蘭州ラーメン”を修業し、日本では珍しい手延麺を使用する。「スープは日本の方がおいしい」と、ベースに豚&鶏の白湯スープを使う、日本と中国のよさを取り入れたアレンジも秀逸。<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>

中国麺×日本スープのハイブリッド担々麺

「担々麺(手延麺)」(850円)/申手延麺
  • 「担々麺(手延麺)」(850円)/申手延麺

「担々麺(手延麺)」(850円)。モミジや豚頭などを使う白湯スープは少なめにして、よりゴマの風味や辛味を感じる濃度に。四川ならではのヤーサイを使った肉味噌も本場ならでは。手延麺は1日10食限定。

■ラーメンデータ<麺>中太・丸・縮れ/製麺所:自家製麺・150g<スープ>タレ=味噌・仕上げ油=ラー油/濃度:こってり◯●◯◯◯あっさり/種類:豚骨・鶏

【写真を見る】豆板醤や芝麻醤がベースのペースト/申手延麺
  • 【写真を見る】豆板醤や芝麻醤がベースのペースト/申手延麺

濃厚なペーストは豆板醤や芝麻醤がベースで粘度が強め。

自家製ラー油は花椒や朝天唐辛子を使い、色と香りを重視/申手延麺
  • 自家製ラー油は花椒や朝天唐辛子を使い、色と香りを重視/申手延麺

自家製ラー油は花椒や朝天唐辛子を使い、色と香りを重視。

「四川麻辣湯麺」(750円)/申手延麺
  • 「四川麻辣湯麺」(750円)/申手延麺

「四川麻辣湯麺」(750円)。花椒を効かせた醤油ベースのスープで、ビリビリくるしびれを味わえる。

座敷タイプのテーブル席を備えた落ち着ける店内/申手延麺
  • 座敷タイプのテーブル席を備えた落ち着ける店内/申手延麺

座敷タイプのテーブル席を備えた落ち着ける店内。カウンターからは店主が手延麺を打つ姿も間近で楽しめる。

「麺は基本太陽製麺ですが、+100円で手延麺に。ばらつきはありますが手打ちならではのモチモチ感と絡みが抜群です」と店主の曹俊さん。

■申手延麺<住所:堺市堺区大浜北町3-4-6 電話:072-242-4474 時間:11:30~14:30、17:30~21:30 休み:月曜 座席:16席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし 交通:南海堺駅より徒歩10分>【関西ウォーカー編集部】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報