【福岡酒場放浪記】屋台密集地帯・中洲エリアの新しい顔!若き大将が迎える「わっぜか」

2017年春から新屋台が次々と登場し、福岡観光で欠かせない屋台が改めて注目を集めている。老舗から新店まで約20店が入り交じる屋台密集地帯・中洲エリアもそのひとつ。この地の新たな顔として人気なのが「わっぜか」(福岡市博多区)だ。

ユニークな屋号は、大将の故郷・鹿児島の方言で“すごい”の意味
  • ユニークな屋号は、大将の故郷・鹿児島の方言で“すごい”の意味

店を切り盛りするのは、弱冠27歳(※2018年現在)の若き大将・上赤鴻志郎さん。中洲の人気屋台「やまちゃん」で6年間修行を積んで学んだ屋台料理や接客のノウハウを生かし、地元民や観光客を迎える。

【写真を見る】若き大将の上赤鴻志郎さん。人気屋台で6年修業を積み、念願の店をオープン
  • 【写真を見る】若き大将の上赤鴻志郎さん。人気屋台で6年修業を積み、念願の店をオープン

定番から屋台では珍しいステーキまで勢ぞろい!

定番の「焼きラーメン」(950円)は、細麺やキャベツ、モヤシなどがたっぷり入ったボリューム満点のメニュー。豚骨スープを加えるのもポイントで、まろやかな味わいで食べやすく、女性人気も高い。

「焼ラーメン」(950円)。野菜もたっぷりでボリューミー
  • 「焼ラーメン」(950円)。野菜もたっぷりでボリューミー
「巻きもん」(900円)。写真はアスパラ、えのき、万能ネギの3本セット
  • 「巻きもん」(900円)。写真はアスパラ、えのき、万能ネギの3本セット

また、野菜のシャキシャキ食感が堪らない「巻きもん(アスパラ、万能ネギ、えのきの3本セット)」(900円)をはじめ、屋台では珍しい「中落ちカルビ」(1200円)や「牛タン」(1500円)といった4種類の部位がそろう牛ステーキも用意する。

「牛すじ煮込み」(650円)。柔らかい牛スジ肉に、醤油ベースのタレをしっかり染み込ませた一品
  • 「牛すじ煮込み」(650円)。柔らかい牛スジ肉に、醤油ベースのタレをしっかり染み込ませた一品
外国人観光客も、はじめて味わう屋台の味に大満足
  • 外国人観光客も、はじめて味わう屋台の味に大満足

食事はもちろん、肩肘張らない気軽な雰囲気で、初対面の客同士でも和気あいあいと楽しめるのが屋台の醍醐味。店主はもちろん、地元の人々や観光客との触れ合いを楽しもう。

雨や風が強い日は休みになることがあるので、事前に電話で問い合わせるのがおすすめだ。

[わっぜか]福岡県福岡市博多区中洲1 清流公園内 / 080-5218-7236 / 18:00~翌2:00 / 無休

【九州ウォーカー編集部/取材・文=久保田学(J.9)、撮影=北嶋幸作】

「九州の酒」の購入はコチラから!


九州の酒の魅力を配信中


↓九州の"お酒"が、九州の旅をもっと楽しくする!"Kampai" at Kyushu↓


九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはココからチェック↓↓


■わっぜか
住所:福岡県福岡市博多区中洲1 清流公園内
電話:080-5218-7236
時間:18:00~翌2:00
休み:なし

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報