乃木坂46西野七瀬「マネージャーには絶対に向いてない」

西野七瀬が「マネージャーには向いてない」と苦笑い
  • 西野七瀬が「マネージャーには向いてない」と苦笑い

なぎなたに青春を懸けた映画『あさひなぐ』(9月22日公開) の部活生限定試写会イベントが、9月12日に神楽座で開催。主演の西野七瀬、共演の富田望生、中田花奈、斉藤優里が劇中の衣装で登壇した。部活生からの質問で、どの部活のマネージャーをやりたいか?と質問されると、西野は「あんまりハードじゃないのがいい」と苦笑いした。

西野は「マネージャーとかは絶対に向いてないと思います。マネージメントできない。応援とかはするんですが、ちょっとできないかな。向いてない。全然仕事ができないと思う。それでも許してくれるような部活がいい」と語った。

斉藤は「高校野球で、甲子園とかへ一緒に行けるマネージャーさんもすごい苦労してらっしゃるから、そういうのがカッコいいなと。私も高校野球をやっている方といっしょに汗を流したい。甲子園へ連れていってください」と会場に呼びかけた。

中田は「水泳部がいい」と答え「私は泳げないけど、見て記録をとる。泳いでいるのを見ていると気持ちいいなと。水族館とか好きなので」と笑いをとった。

富田は「チアダンス部のマネージャーさんの仕事を見てカッコ良かったです。チアダンス部の子たちはキラキラしてるんですが、支えるマネージャーさんたちもキラキラしていてカッコいい」と答えた。

小学館漫画賞を受賞したこざき亜衣の人気コミックを、乃木坂46のメンバーによる映画&舞台のダブルプロジェクトで放つ『あさひなぐ』。主人公の東島旭は「なぎなたは高校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い文句に惹かれ、なぎなた部に入部し、奮闘していく。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報