AKB48田野は「超スーパーウルトラかわいい」深すぎる“父の愛”にほっこり

AKBINGO!
  • AKBINGO!

9月12日の「AKBINGO!」(日本テレビ系)では、「ファミリー音楽祭」の後編が行われ、田野優花、福岡聖菜、下口ひななの家族3組が登場。前々週の3組と合わせ計6組の中から、家族愛No.1が決まる決定戦が放送され、田野の父の“深すぎる愛情”が分かる一幕があった。

田野は、長髪で独特の雰囲気を醸す父・健さんと、美人で小柄な母・真理子さんと登場。二人の特徴を受け継いだ田野は、「目元が健で、鼻から下が…」と話し出すと、MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)から、「お父さんのこと健って呼んでんの?」と突っ込み、普段は父親を呼び捨てで呼んでいることがバレる。

さらに田野が「(父は)ダーツバーを経営していて、(そこに)ちょっとしたステージがあって、健もたまに歌ってる」と言った後、健さんに向かい「何でしゃべんないの?めっちゃしゃべるくせに」と詰め寄ると、村本が「テレビにね、初めてですから」とフォロー。健さんは「余計なこと言うなって言うから!」と、田野に口止めされていたことを飄々とした表情で明かした。

また谷口メグが、空港まで田野を送りにきた健さんと会ったとき、「僕は親バカだから、いつも送ってあげてるんだ」と言っていたことを話すと、MCの中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)が、「どのくらい親バカなんですか?ちなみに」と質問が入る。

田野からは「お店に来たお客さんとかに、“うちの娘は超スーパーウルトラかわいい”って(言ってる)」と、かなりの親バカであることがリークされるも、当の健さんは「ただ可愛いだけじゃ許せないんです、必ず言い直してます。“超スーパーウルトラかわいい”でしょ」と、親バカぶりを発揮。ほっこりした笑いでスタジオがつつまれ、本題の歌唱へと入った。

田野親子はイルカの「なごり雪」を選曲。父・健さんのアコースティックギター、母・真理子さんのキーボードをバックに、田野がしっとりと歌い上げる。また、母・知恵さんと登場した福岡聖菜は、あみんの「待つわ」を選曲。いとこの美優さん、遥大さんと登場し、「美女と野獣」を熱唱した。

3組のパフォーマンスが終わり、メンバーによる厳正な審査を行なった結果、栄えある家族愛No.1を獲得したのは、「なごり雪」を家族で演奏し歌い切った田野親子だった。感想をきかれた父・健さんは、「家族の愛に順位はないということで」との名言を残し、番組を締めくくった。

次回の放送は9月19日(火)、「第1回 AKBINGO!神回アワード!」を予定。

AKBINGO!
毎週火曜 夜0:59~1:29
日本テレビ系

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報