ショック!あの王様はスパイだった…謎めいたマーベル最新作『ブラックパンサー』の特報が解禁

漆黒のヒーローは、国王でスパイ!?
  • 漆黒のヒーローは、国王でスパイ!?

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオの最新作『ブラックパンサー』が、2018年3月1日(木)に公開されることが決定し、この度、特報映像が解禁された。

ブラックパンサーは、2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で銀幕デビューを飾ったマーベル・スタジオの新ヒーロー。その正体はワカンダ王国の若き国王で、王国の秘密を守るために世界中にスパイを放ち、自らも漆黒のスーツを身にまとい、鋭い爪と優れた戦闘能力で国内外の敵と戦うという、これまでにないヒーローだ。

キャプテン・アメリカのシールドと同じ特殊な材質“ヴィブラニウム”で出来たスーツは銃弾の衝撃を吸収し、すべて無効化する。今までのマーベルヒーローとは一線を画するダークなビジュアルと、スピード感溢れる生身のアクションがブラックパンサーの持ち味だ。

ヒーローと国王という2つの顔を持つ彼は、この国の秘密を狙う国内外の敵から世界を守るため戦っているのだが、これまでのマーベル映画と違い、その秘密をめぐるスパイ映画としての側面が大きくクローズアップされている。

解禁された特報映像では、お馴染みの“MARVEL STUDIOS”ロゴがブラックに変身。ワカンダ王国の大自然と、肉弾アクションが切り替わる中、“世界で最も美しい顔”にも選ばれ『それでも夜が明ける』でアカデミー賞を獲得したルピタ・ニョンゴが扮するヒロインなど、個性的かつ魅力的なキャラクターたちが登場。今作は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18年4月27日公開)にも繋がる作品とされているが、そのヒントもぜひ探してみてほしい。

監督は「ロッキー」シリーズの興行収入新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』で注目を集めた新鋭、ライアン・クーグラー。主演は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』よりブラックパンサーを務めるチャドウィック・ボーズマン。ヒロインにはルピタ・ニョンゴ。さらに『クリード チャンプを継ぐ男』でクリード役を務めたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーの秘密を狙う敵として登場する。

マーベル史上最も謎を秘めたキャラクターといえる、ブラックパンサー。来年春の日本公開までに発表される情報の数々に注目したい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報