チアリーダーの次は巫女!広瀬アリスの新たな一面に魅せられる

TVCMでのチアリーダー姿が「かわいい!」「癒される!」と話題を集めた女優の広瀬アリスが、今度は“巫女”姿を披露。思わず「美しい…」「甘えたい…」と思わせる、その佇まいで見る者を魅了する。

主演映画『巫女っちゃけん。』で、型破りな巫女・しわすを演じる広瀬アリス
  • 主演映画『巫女っちゃけん。』で、型破りな巫女・しわすを演じる広瀬アリス

これらの写真は、来年2月3日(土)公開の映画『巫女っちゃけん。』の主人公・しわす(広瀬)の劇中カット。巫女役を演じるに際し「日本の文化、神社の巫女について知っているようで、実はあまり知らない世界だと思います」と語る広瀬は、撮影1週間前からロケ地の福岡へ。現地で巫女の所作や舞を毎日猛練習したという。

【写真を見る】『君の名は。』(16)でヒロインが披露したような舞に、キリッとした表情で挑戦
  • 【写真を見る】『君の名は。』(16)でヒロインが披露したような舞に、キリッとした表情で挑戦

「巫女の装束もひとりで着れるようになり、髪もみなさんで並んで前の方の髪を結んだりすることも習い、濃厚な時間を過ごさせていただきました」と当時を振り返っている。

撮影は福岡県福津市の宮地嶽神社で、連日35℃を超える猛暑のなか行われた
  • 撮影は福岡県福津市の宮地嶽神社で、連日35℃を超える猛暑のなか行われた

そんな広瀬の熱意とは裏腹に、しわすは“常識も礼儀もない、態度も口も悪い、やる気もなく、すぐ人のせいにする”という、夢も希望も胸もない女性。「本編では“いままで習ったことは一切しないで下さい”と言われました(笑)。良い意味で巫女の世界観、空気感をぶっ壊していると思います(笑)」とコメントした彼女が、どんな“壊れっぷり”を見せてくれるのか楽しみだ。

物語は、しわすと口の利けない悪ガキ・健太の交流が軸となる
  • 物語は、しわすと口の利けない悪ガキ・健太の交流が軸となる

公開は来年2月とまだまだ先だが、9月15日(金)より開催のアジアフォーカス・福岡国際映画祭2017のクロージング作品、10月25日(水)開催の第30回東京国際映画祭の特別招待作品への出品が決定。広瀬も「自分自身、あまり映画祭の経験が無いので、いまからドキドキしていますが、とても楽しみにしています」と想いを語っている。写真からは想像できないぶっ飛び巫女、広瀬アリスの新しい一面を早く見たい方は、ぜひ足を運んでみては?【トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報