ブランド化から買い物代行まで!「野菜ソムリエ」の新たなお仕事

野菜の魅力を知り尽くす「野菜ソムリエ」
  • 野菜の魅力を知り尽くす「野菜ソムリエ」

「野菜ソムリエ」という言葉を、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? 古くは長谷川理恵さんや王理恵さん、最近では、人気テレビ番組に出演中の高校生・森之翼さんが有名ですね。森之さんは野菜の知識を得るために、岐阜県の農業小学校に5年間も通ったそうです。その努力があってこその、「野菜ソムリエ」の上級資格「野菜ソムリエプロ」の認定なのですね。

「ソムリエ」と付いているだけに、職業と勘違いしがちですが、「野菜ソムリエ」は2017年時点で約6万人が認定を受ける人気の民間資格です。野菜の専門知識を豊富に持ち、目利きのできるプロフェッショナルであることを証明しています。そんな野菜ソムリエたちが、もっと「野菜のおいしさ」を知ってもらうために、さまざまな活動に取り組んでいます。

 

野菜をブランド化する専門講座の誕生

野菜ソムリエの資格を認定する「日本野菜ソムリエ協会」は、「青果物ブランディングマイスター」という講座を新たに始めました。日本の生産者が作る野菜は、海外からその技術や美しさに驚かれる一方、当の本人たちがその価値を理解していなかったり、売り込み方をしらなかったりという問題点があります。

「青果物ブランディングマイスター」は、そんな生産者や野菜をサポートし、生産者がより多くの利益を受け取ると同時に、消費者に品質のいい野菜を届けるために作られた講座なのです。高度な技術が使われた知られざる野菜が、「ブランド化」することで陽の目が当たるようになるといいですね。

野菜を広めるためにも「ブランド化」は欠かせない。
  • 野菜を広めるためにも「ブランド化」は欠かせない。

 

野菜はプロの目利きで買う時代に?

もう1つの新たな試みが、野菜の直売所にて野菜ソムリエが買い物を代行する「野菜ソムリエダイレクト」です。直売所で売られている野菜は、鮮度の高いものが安く売られている一方、流通を通さないため、スーパーや青果店に比べて、品ぞろえが偏っていたり、サイズや質がそろっていなかったりします。

そこで、野菜ソムリエが直売所に赴いて買い物を代行し、野菜ソムリエとしての経験や知識からその日にお店で見つけたよりよい質の野菜を選んで、時には、食べ方や保存方法等の情報も一緒に生活者にお届けするというサービスが「野菜ソムリエダイレクト」。

現在は愛知県の豊橋市など、4ヵ所からのスタートですが、ゆくゆくは全国各地の直売所に展開していく予定とのこと。全国の安くておいしい野菜・果物を気軽に手に入れることができる日を楽しみに待ちたいですね。

 

【関連レシピ】焼き野菜マリネ

野菜のうまみが味わえる簡単レシピ。

【関連レシピ】焼き野菜マリネ
  • 【関連レシピ】焼き野菜マリネ

<材料>(2人分)

れんこん…小1節(約150g)

カラーピーマン(黄)…1/2個

チンゲンサイ…2株

レモン汁…大さじ2

ミニトマト…8個

・オリーブ油、塩、こしょう

<作り方>

1.れんこんは5mm幅の半月切りにし、水に放してアクを抜く。カラーピーマンは縦1cm幅に切って斜め半分に切る。チンゲンサイは葉と軸に切り分け、軸は根本から四つ割りにし、葉は3cm長さに切る。

2.バットにレモン汁、オリーブ油大さじ2、塩、こしょう各少々を混ぜる。

3.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、れんこんの水を切って並べて焼く。塩少々をふって両面に焼き色がついたら取り出し、2に漬ける。続いてチンゲンサイの葉とミニトマトを軽く炒めて2に入れ、カラーピーマン、チンゲンサイの軸を炒めて2に漬ける。塩、こしょうで味をととのえる。

【関連レシピ】
焼き野菜マリネ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報