「昔から『やる気なさそう』って言われる」長澤まさみがトークイベントで告白

人間の“概念”を奪う侵略者に翻弄される人々を描く、人気舞台が原作の『散歩する侵略者』(上映中)。9月15日に新宿ピカデリーでスペシャルトークイベントが行われ、ヒロイン・鳴海役の長澤まさみと黒沢清監督が登壇した。

スペシャルトークイベントに登壇した長澤まさみと黒沢清監督
  • スペシャルトークイベントに登壇した長澤まさみと黒沢清監督

長澤は今回、黒沢監督作品へ初出演。「(夫役の松田)龍平くんから『監督の現場は一発本番らしいよ』と聞いていたので、心の準備はできてました」と緊張感をもって撮影に臨んだそうだが、「さすがに一発本番はないけど、2、3回撮影してOKかな」と黒沢監督が語ると場内からは驚きの声が上がった。

【写真を見る】最初は長澤に対し「ビクビクしていた」と黒沢監督が語ると長澤から笑顔も
  • 【写真を見る】最初は長澤に対し「ビクビクしていた」と黒沢監督が語ると長澤から笑顔も

黒沢監督も長澤に対して最初は戸惑っていたという。「撮影に入ると、物語上で何が求められているのかを瞬時に理解して、素晴らしい演技に到達できるんですけど、その前は『は~い』『やってみま~す』とか、嫌がってるのかと不安でビクビクしていました」と笑いながら語ると、長澤は「昔から『やる気がなさそう』って言われます」と苦笑いしつつ告白した。

突然別人のようになって戻ってきた夫に戸惑う鳴海
  • 突然別人のようになって戻ってきた夫に戸惑う鳴海

長澤が演じた鳴海は、ある日突然別人のようになって戻ってきた夫・真治に対しいらだちを抱きつつ、彼を決して見捨てない。「鳴海は“女性あるある”が詰まってる人なのかな? (真治に対し)怒ってたりするけど、結局は尽くしたりするところは理想の女性像なんじゃないかな?」とヒロイン像を語る。

「なんでもありなのがSF映画のよさ」だと語る黒沢監督
  • 「なんでもありなのがSF映画のよさ」だと語る黒沢監督

本作のテーマはハリウッド作品では定番の“侵略者もの”だが、映像派として知られる黒沢監督だけに、そこかしこに監督ならではの仕かけも。特に侵略者が“概念”を奪うシーンは注目だ。「なんとなく薄暗くなってきて、どこかから小さな光が射してくる。いままでとはちょっと違った不安な感じにしました」と語るシーンはVFXなどに頼らず、実際に撮影現場で照明を変えているのだとか。

『散歩する侵略者』は現在上映中
  • 『散歩する侵略者』は現在上映中

本編終了後に行われたイベントだけに、監督らが物語のクライマックスに対する疑問を観客に投げかけ、その反応にほくそ笑んだりする光景も。終始不穏なムードの漂う映画とは違い、劇中では見られない長澤のキュートな笑顔も見られ、観客にとっては貴重なひとときとなったはずだ。【取材・文/トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報