イバラの装飾が初登場!ヴィランズ一色のTDSを散策

東京ディズニーシーで10月31日(火)まで開催中の「ディズニー・ハロウィーン」は、今年もディズニーアニメーションに登場する悪役、ヴィランズたちが主役。パークの至るところに妖しげなデコレーションが施され、ヴィランズ流のハロウィーンを楽しめる。

ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの高架にイバラが巻きつき、不気味さがアップ
  • ディズニーシー・エレクトリックレールウェイの高架にイバラが巻きつき、不気味さがアップ

メインエントランスには、ヴィランズのパワーが一段と高まった様子を表現した、イバラの装飾が初登場。なお、アメリカンウォーターフロントのウォーターストリートにも、マレフィセントのイバラをイメージした装飾が初めてお目見えした。

今年、ハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、アクアボードを用いてイバラを表現する演出が初めて導入されており、ショーとデコレーションの両方で、マレフィセントの強力な魔力を体感できる趣向だ。

S.S.コロンビア号前のフォトロケーションは、記念撮影におすすめのスポット。夜はライトアップされる
  • S.S.コロンビア号前のフォトロケーションは、記念撮影におすすめのスポット。夜はライトアップされる

この他、ミラコスタ通りの回廊やメディテレーニアンハーバーの街灯に、見る角度によって絵が変わる、ヴィランズたちのデコレーションが今年も登場。S.S.コロンビア号前に設置された大きなフォトロケーションは、記念撮影のスポットとして、例年人気を博している。

【写真を見る】ウォーターフロントパークに、キャプテン・フックのシルエットを発見!
  • 【写真を見る】ウォーターフロントパークに、キャプテン・フックのシルエットを発見!

また、ヴィランズの手下によるアトモスフィア・エンターテイメントが実施されているウォーターフロントパークでは、今年初めて壁にヴィランズのシルエットが描かれ、よりミステリアスな空間に。

さらに、アラビアンコーストまで足を延ばすと、ここでもジャファーをモチーフにした今だけのデコレーションを目にすることができる。

ショーやアトラクションを楽しむ合間に、ぜひこれらのデコレーションもチェックして、ヴィランズ一色の東京ディズニーシーを満喫しよう。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

■東京ディズニーシー
住所:千葉県浦安市舞浜1-1
電話:0570-00-8632
時間:8:00~22:00(日によって異なる)
休み:なし

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報