亀田興毅「もう1回、親父と這い上がりたい」涙で語る

亀田興毅
  • 亀田興毅

ボクシング元世界チャンピオンの亀田興毅・史郎親子が、9月24日(日)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな‼」(テレビ朝日系)に出演。「成功し続けることにこだわって全てを失わないための授業」を展開。全国民から大バッシングを受けたしくじりの数々を赤裸々に告白した。

中学卒業後は、プロボクサーを目指しながら解体業の作業員をしていた史郎だが、21歳の時に長男・興毅を授かり、夢をあきらめて父親に徹することを決意。子どもたちには“華やかな世界で活躍して欲しい”と願い、プロボクサーになる夢を託したという。幼少期の興毅は、意外にも人見知りで、いじめられっ子だったそう。史郎はそんな興毅を始め三兄弟に独自で考案したボクシングの英才教育を行い、3人共メキメキ上達。見事プロデビューすることに成功したが、これがしくじり人生の始まりだった。

「記録にも記憶にも残す選手にしたかった」という史郎は、子どもたちに「ビッグマウス&ド派手なパフォーマンス」を提案。興毅は記者会見の場でチキンにかぶりつく、相手の顔写真を貼ったフライパンをつぶすなどし、「(尊敬する選手は)おらへん。みんな弱いから」などと強気発言を連発。だがこれらすべては史郎が考えたもので、興毅は「本心から言えてなかった」と当時を振り返った。

「疑惑の判定」と揶揄され大バッシング…(2/2)
  • 1
  • 2

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報