松本潤のお気に入りは「架純ちゃんの表情が崩れる姿」

『ナラタージュ』のイベントに登壇した有村架純
  • 『ナラタージュ』のイベントに登壇した有村架純

2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた島本理生原作の恋愛小説を、嵐・松本潤主演、有村架純共演で描いた『ナラタージュ』(10月7日公開)の公開直前イベントが、9月27日に恵比寿ガーデンホールで開催。松本潤、有村架純、坂口健太郎、行定勲監督が舞台挨拶に登壇した。松本は好きなシーンについて「架純ちゃんの表情が崩れる姿ですかね」と答えた。

松本は「自分の感情を露わにしていくことによって、感情が出てしまうからこそ、表情が曇ったり崩れたりする。それを架純ちゃんが体当たりで演じられている分、それが如実に出てる。そこに共感してくださるんじゃないかな」と有村のシーンをピックアップ。

有村も「そうですね」とうなずく。「私は葉山先生(松本潤)に対して『何なんだろう、この人』という思いもあったし、いろいろと複雑でした。憎しみはないけどある、みたいな」。

坂口は「僕が驚いたのは、松本さんが松本さんじゃないところ。すごく柔らかい雰囲気で、葉山先生としてそこに立っている。そこが驚きでした」と葉山先生になり切った松本を称えた。

有村は、葉山がある告白をするシーンを挙げ「葉山先生を問い詰めるんじゃなく、わかった上で寄り添う。あそこから(演じた)泉の闘いが始まった気がします」と振り返った。

行定は「怖かったね。『何か違うぞ』という架純ちゃん、すげえ怖い。架純ちゃんの表情や松本くんの感じも良かったけど、僕は土下座」と有村演じる泉の土下座シーンを選んだ。「なんか痛いね。女が土下座するんですよ。とんでもないヤツですね。けど切ないね」。

この試写会は、映画にちなみ“一生に一度の恋をした人”限定のスペシャル試写会で、観客の「一生に一度の恋」のエピソードの一部が、舞台上でも披露された。松本は最後に「すごい苦くて、傷ついて、恋愛って何なんだろうなという気持ちをかき立てられる濃いラブストーリーに仕上がりました」と手応えを口にした。

『ナラタージュ』は2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の恋愛小説の映画化作品。高校教師(松本潤)と生徒(有村架純)が時を経て再会し、究極の恋に落ちるという恋愛模様が描かれる。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報