出川哲朗、ジャッキー・チェンからのビデオメッセージに「ヤバイよヤバイよ」

『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』で7役の声優を務めた出川哲朗
  • 『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』で7役の声優を務めた出川哲朗

人気アニメの劇場用映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』(9月30日公開)の公開直前イベントが、9月28日にワーナー・ブラザース映画の試写室で開催され、本作の日本語吹替版で声優を務めた出川哲朗が登壇した。出川はジャッキー・チェンからのサプライズのビデオメッセージを観て「ヤバいよヤバいよ」と大興奮した。

出川はニンジャの衣装と演じた“サメ将軍”を意識した被り物をつけ、ダンスキッズたちと華麗なステップを踏みながら登場。最初は3役だったが、急遽7役を演じることになった出川は「リアルな話をすると、アフレコが早く終わりすぎたので、次の取材まで2時間くらい余っちゃったから、時間つなぎで4役増えたんだと思います」と恨み節。

MCのコトブキツカサが「時間調整的なところがあったのかもしれないとスタッフさんから聞いてます」と告げると、出川は「あまり言いたくないけど、ここのクソスタッフが!」と暴言モードに。

「前回オーディションをやったんです。でも、そこに台本が置いてあって。ページをめくったら、すでにサメ将軍のところに出川哲朗とあって。とんだヤラセですよ」と苦笑しながら「とんでもない演出です」と言い直し、笑いを取った。

その後、出川を応援するビデオメッセージが2本流されることに。1本目は、本作でウー先生の声優を務めたジャッキー・チェンからのものだと言う。ジャッキーの大ファンである出川は興奮しながら観ていくと、実はモノマネ芸人、ジャッキーちゃんからのメッセージだった。さらに映像の最後にポスターがはがれ落ちるというハプニングが。出川は「いろいろ引っかかる。最初、全然気づかなかったし。それに、何でテイク2を撮らないかな?」とブーイング。

続いて次の1本に。出川が「今度はちゃんとした人で」と前置きしながらビデオメッセージを観始めると、今度は本物のジャッキー・チェンが登場した。出川は「ええ~!すごい!マジですか?超嬉しいんですけど、WHY!?」と何度も繰り返し、会場の笑いを取った。

「レゴ(R)ニンジャゴー」は、日本では2012年にアニマックスで放送開始し、2015年からはテレビ東京および系列局でTV放送され、高視聴率を獲得した。劇場版では平和なニンジャゴーの世界に、悪の帝王・ブラックガーマドンが手下を従えて街を破壊しにやってくる。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報