蒼井優、“クズ合戦”で一番最低な男を発表!

『彼女がその名を知らない鳥たち』で共演した蒼井優と松坂桃李
  • 『彼女がその名を知らない鳥たち』で共演した蒼井優と松坂桃李

沼田まほかるの小説を蒼井優、阿部サダヲのW主演で映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)の完成披露試写会が、9月28日に新宿バルトで開催。蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が舞台挨拶に登壇した。出てくる登場人物がクズばかりだという本作について蒼井は「クズ合戦みたいな感じでした」と語った。

蒼井は「阿部さんと白石監督しか確定してなかった時点で、お二方とお仕事できるのが嬉しいなと思って引き受けたんですが、脚本を読めば読むほど、演じれば演じるほど最低で。後から松坂さんとか竹野内さんとか、もっと最低の男が出てくる」と激白。

不潔な男を演じた阿部は「行ったらすぐ汚されるんで、もうどうでもいいかなという瞬間もありました。監督のこだわりがすごいんです。足の指の間にもゴミが入っているんです」と言うと、蒼井が「水虫の設定なので爪もそんなふうにね」と補足する。

阿部はネイルで凸凹した爪を作ったと説明し「それで買い物とかしてると、二度見されました」と苦笑い。

竹野内は「役者が大変な思いをしなくちゃいけないシーンほど、一番嬉しそうなのが白石監督。監督が一番最低だなと」と恨み節を言うと、白石監督は「最低な人が好きなんでしょうね。ごめんね、みんな。でも、突き詰めていくと十和子みたいな気がします」と、蒼井が演じたヒロインが一番最低だと指摘する。

蒼井も「私も最低ですね」と認めた上で「最低投票したいです」と提案した。蒼井は続いて「私は松坂さん、というか水島さん。現場で見る限り、松坂さんは真面目で誠実な方でしたが、水島は本当に最低でした」と松坂に振ると、白石監督も「上手いけどね。いろいろと」と意味深発言をする。

松坂は「ダメだ。もうすぐ朝ドラが始まっちゃうから」と、10月にスタートするNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」を話題に出して、会場の笑いを取った。

『彼女がその名を知らない鳥たち』は、『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督がメガホンをとったラブストーリー。自分勝手で嫌な女・十和子を蒼井優が、彼女を愛する不潔で下劣な男・陣治を阿部サダヲが演じる。本日、本作が10月26日(木)から開幕する第12回ローマ国際映画祭のオフィシャル・セレクション部門に出品されることも発表された。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報