山崎賢人、福田組に囲まれ「笑いをこらえるのが難しい」福田監督は続編に意欲!

山崎賢人、福田組に愛されすぎ!
  • 山崎賢人、福田組に愛されすぎ!

週刊少年ジャンプで連載中の人気コミックを実写映画化した『斉木楠雄のΨ難』(10月21日公開)のピンクカーペット&完成披露試写会が9月28日に丸の内ピカデリーで開催され、山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、福田雄一監督が登壇。山崎が「笑いをこらえるのが難しかった」と笑いにあふれた現場を振り返った。

本作は、とんでもない超能力を持ちながらも、普通の生活を望む高校生・斉木楠雄を主人公に、ワケありのクラスメートたちと過ごす抱腹絶倒の学園生活を描く物語。山崎がピンクのヘアに緑色のサングラス姿という衝撃的ビジュアルで、コメディ映画初主演を果たした。

福田組をはじめとするハチャメチャなメンバーに囲まれながらも、山崎演じる斉木楠雄は冷めた表情でいなければいけない役どころ。山崎は「僕は、心のなかでツッコミをいれるという役。このみなさんのなかで、笑いをこらえるのが本当に難しかった」と苦労を吐露。笑ってしまったことでNGになっているシーンもあるとのことで、「笑っちゃってる」とハニカミ笑顔で語っていた。

「ムロさんのところは、ほぼ笑っていた。スンっとした顔していなきゃいけないのに。使えなくなったところを、もう一回やらなきゃいけなかった」とムロにはとりわけ笑わされた様子。そんな山崎にムロや佐藤といった福田組の面々は「かわいい」とメロメロで、福田監督も「ステキだった。コメディは初めてだと思うけれど、本当に向いているなと思った。これから何度もご一緒したい」と惚れ込んでいた。

「悪い人が1人も出てこない映画。本当にハッピーで楽しい映画です。幸せになると思いますので、ぜひ楽しんでください」と完成作に胸を張った山崎。福田監督は「ギャグ映画は日本でヒットしづらい。こういうものがヒットしてくれると、我々の生きていく道ができる。ヒットすると『パート2』もできたり」と早くも続編への意欲をのぞかせていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報