『響け!ユーフォニアム』の劇場版舞台挨拶で、来年の完全新作映画情報が解禁!

『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の初日舞台挨拶が開催
  • 『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の初日舞台挨拶が開催

人気TVアニメの第2期を再構築した映画『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』の初日舞台挨拶が、9月30日に新宿ピカデリーで開催。声優を務めた黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳、寿美菜子、小川太一監督が登壇した。黒沢は「2期終了から9か月ぶり。濃密なアフレコでした」と本作に懸けた思いをゲスト陣と語り合った。

MCを務めた黄前久美子役の黒沢は「アフレコも再録しましたが、劇場版をやるにあたって、率直な感想を聞いてもいいですか?」と寿に質問する。

田中あすか役の寿は「あすかにとってターニングポイントになるシーンが思ったよりも入ってました。久美子といっぱい掛け合いをするシーンがまんま入るってことで、気持ちをもっていくのが大変な部分はありましたが、すごくやりがいがありました」と手応えを感じた様子。

黒沢も「大変でしたね。美菜子さん、新規カットが増えましたし」とうなずくと、寿は「チビあすかが最初に来るなんて全然予想してなかった。台本が分厚くて、最初のページがチビあすかだったので攻めてるなと」と追加シーンに驚いたそう。「チビあすか、可愛かった!」と豊田たちからも好評だった。

黒沢は、本作で監督デビューをした小川監督に「音楽シーンのカメラワークとかも素敵でしたが、カット割りとかは完全に監督の判断が多かったのですか?」と聞くと、監督は「オープニングの演奏シーンはほぼ新作で、僕が画コンテを切らせていただきました。今回は映像を意識し、速いテンポで、演奏のカッコ良いところを切っていきました」とこだわりぶりを語った。

『劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』は、吹奏楽で全国大会を目指す高校生たちの青春を描く人気テレビアニメの劇場用映画。主人公の久美子と、副部長で同じユーフォニアムパートの先輩であるあすかとの関係を軸に再構築した1作となった。

また本日、同シリーズの完全新作映画が2本公開されるという情報が解禁となった。1本は、みぞれと希美の物語を描く山田尚子監督作『リズと青い鳥』で、2018年4月21日(土)より公開となる。もう1本は、2年生になった久美子たちを描く石原立也監督作となり、公開日は未定。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報