日本のトップレースクイーン8名が世界耐久選手権のグリッドを華やかに演出

2017年10月13日(金)~15日(日)の3日間、富士スピードウェイ(静岡県)で開催する「2017 FIA世界耐久選手権 第7戦 富士6時間耐久レース」のグリッドガールが都内で発表された。

世界戦を華やかに彩る日本のトップレースクイーン
  • 世界戦を華やかに彩る日本のトップレースクイーン

見逃せない「トヨタ対ポルシェ」最終決戦

FIA世界耐久選手権(WEC)は、世界3大自動車レースの一つ「ル・マン24時間レース」を中心とするFIA(世界国際自動車連盟)が主催するモータースポーツシリーズの一つ。F1世界選手権や世界ラリー選手権(WRC)などと同じく世界各地を巡りながら開催され、我が国では第7戦が行われる。シーズン終盤の大一番、チャンピオンシップ争いが気になるところだ。

自動車メーカーが参戦する最候補クラスLMP1−Hでは、「耐久の王者」と称されるポルシェと、我が国からトヨタによる2社が参戦。毎試合、両社がもてる技術のすべてを注ぎ込んだハイブリッドマシンによる激戦を繰り広げている。しかしポルシェは今年でWECから撤退することを決定しており、富士で走る姿は今年で見納めとなる。一方トヨタは富士がホームコースで、負けられない戦い。ポルシェが勝つかトヨタが勝つか。その行方に世界が注目している。

世界の大舞台に立つ日本のトップレースクイーン達

その「富士6時間耐久レース」をより一層盛り上げるのが、日本のサーキットシーンを彩るトップレースクイーンの中から選ばれた8名の「WECグリッドセレモニーガール」たちだ。今年は、6月ごろに「週刊プレイボーイ」誌の表紙を飾った藤木由貴、

「黒いのは肌だけです!腹黒くない私を見て下さい。去年はあまりレースが見られなかったので、今年はちゃんと見たい」と会場の笑いをさらった藤木由貴
  • 「黒いのは肌だけです!腹黒くない私を見て下さい。去年はあまりレースが見られなかったので、今年はちゃんと見たい」と会場の笑いをさらった藤木由貴

横浜DeNAベイスターズオフィシャルサポーティングガールズユニット「diana」(ディアーナ)を卒業し、今年からレースクイーンに転向した織田真実那をはじめ、

「パッツン前髪が私のトレードマーク。当日は紫のケーブでガッチリ固めてきます!」と話す織田真実那
  • 「パッツン前髪が私のトレードマーク。当日は紫のケーブでガッチリ固めてきます!」と話す織田真実那

村上麻莉奈、

「初めてなので全力で頑張ります!その頑張りを皆さん見てね」と意気込みを語る村上茉莉花
  • 「初めてなので全力で頑張ります!その頑張りを皆さん見てね」と意気込みを語る村上茉莉花

西村いちか、

「最近3キロ体重が増えたのでレースまでに痩せてきます」と語る西村いちか。しかし水瀬から「袴姿だとウェストが減ったことが見えないよ」とのツッコミが
  • 「最近3キロ体重が増えたのでレースまでに痩せてきます」と語る西村いちか。しかし水瀬から「袴姿だとウェストが減ったことが見えないよ」とのツッコミが

はらことは、

「誰よりも和服には自信があります!当日FSWに来た皆様、袴姿の私たちの写真をいっぱい撮ってください」と話すはらことは
  • 「誰よりも和服には自信があります!当日FSWに来た皆様、袴姿の私たちの写真をいっぱい撮ってください」と話すはらことは

林紗久羅、

林紗久羅「今も緊張しているのですが……緊張隠しのドヤ顔をみてください」
  • 林紗久羅「今も緊張しているのですが……緊張隠しのドヤ顔をみてください」

水瀬きい、

「WEC(世界耐久選手権)は昔から大好きで全戦見ています!だからすごく楽しみ」と話す水瀬きい
  • 「WEC(世界耐久選手権)は昔から大好きで全戦見ています!だからすごく楽しみ」と話す水瀬きい

立花はるによる8名で構成。日本らしい袴姿で、富士6時間耐久レース決勝日にスターティンググリッドにて行うオープニングセレモニーをはじめ、ピットウォーク時に来場者を迎え入れるほか、場内で行われるイベントに出演する予定だ。

発表イベントには、立花を除く7名が登場。登壇した藤木は「2年連続で選ばれたことをうれしく思います。世界選手権という普段のレースとは違う空気感の違いを皆さんにも体験してほしいです」と挨拶した。同じく2年連続で選ばれた水瀬も「SUPER GTやスーパーフォーミュラといった国内レースの雰囲気も好きですが、WECでは世界を感じました。緊張感の種類が違って、おしゃれな空気のなかでの緊張感を覚えました。お客さんもいつもより、背筋が伸びたような雰囲気でした」と昨年の様子を語った。

また、今年から登場する織田は「レースクイーン1年目で世界の舞台に立てることをうれしく思います。私らしく元気いっぱいに頑張りたいと思います」、林も「海外メディアも注目するこのレースに参加できることをうれしく思います。当日、皆様にWECを楽しんでもらうのはもちろん、世界に袴っていいなと思ってもらえるように頑張ります」と意気込みを語った。

富士スピードウェイでは楽しいイベントが盛りだくさん!

レースウィークの富士スピードウェイでは、36Hours of Fuji(サブロクアワーズ・オブ・フジ)と題して、土曜から日曜にかけて場内宿泊を盛り上げるさまざまなイベントを実施。日本最大級の屋外フランスフェアをはじめ、今夏誕生した恐竜のテーマパーク「フジジュラシックウェイ」、アジャコングや藤原組長によるプロレス興行、夜にはメインストレート上に設けられた3面の大型スクリーンによる映画上映などが行われる。

フランスらしいファッションで登壇、バツグンのスタイルを披露した桃瀬ゆう
  • フランスらしいファッションで登壇、バツグンのスタイルを披露した桃瀬ゆう

今回PRガールに就任したレースクイーンの桃瀬ゆうは、フランスらしいボーダーシャツの衣装で登壇。「ご家族のみなさん、カップルのみなさん、そしてお一人さまも、楽しいイベントがいっぱいですので、ぜひ来て下さい。そして富士スピードウェイとしては初となる花火も打ち上がりますので、土曜日の予選終了後はすぐに帰らず、夜まで残って楽しんでほしいです。当日私も体験してナビゲートしますので、ぜひ会場に足を運んで下さい」と挨拶。そして「私の家族はプロレスが大好きなので、アジャコングさんと藤原組長の戦いに注目しています!ぜひ皆さん楽しみにしてください」と今から期待で興奮を抑えきれない様子だった。

世界耐久選手権第7戦「富士6時間耐久レース」は10月14日(土)14時から予選、10月15日(日)11時から決勝レースが行われる。ポルシェ対トヨタのワークス対決はもちろんのこと、楽しいイベントが盛りだくさん、グリッドガール達の笑顔に会いに訪れてはいかが。【横浜ウォーカー編集部】

■2017 FIA World Endurance Championship Round 7 「6 Hours of Fuji」
会期:2017年 10月13日(金)公式練習 ・14日(土)公式予選 ・15日(日)決勝レース
時間:公式予選14:00~、決勝レース11:00~
料金:当日券/大人・8500円(3日間通し)

キーワード

[PR] おすすめ情報