役所広司、江口洋介、竹野内豊…特濃な男たちが魅せる『孤狼の血』に期待高まる

役所広司、江口洋介ら豪華キャストに、竹野内豊が参戦!
  • 役所広司、江口洋介ら豪華キャストに、竹野内豊が参戦!

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いた、柚月裕子のベストセラー小説を『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で多くの映画賞に輝いた鬼才・白石和彌のメガホンにより映画化する『孤狼の血』。

本作の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される大上とともに、金融会社の社員失踪事件を捜査する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく…。

このハードなストーリーを表現するため、曲者ぞろいの演技派俳優が集められた。主演である役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介、中村獅童、ピエール瀧など若手から大御所まで豪華な面子が集結している。

さらに、先日このキャストの中に竹野内豊が加わることが先ごろ発表された。初挑戦となった暴力団員役を演じてみての感想を竹野内に尋ねると「白石監督から“今度、竹野内さんに出て欲しい作品がある”と言われ、台本も読まずに、はいと返事をしていたので台本を読ませて頂いた時は、完成度の高さに“素晴らしい作品になる!”とわくわくしました。今まで良い人だったり、エリート的な役が多かったので、新たな役に挑戦出来る事が嬉しかったです」とコメントし、充実感をにじませた。

また、役柄に合わせ、本作ではパーマにド派手な衣装という、既存のイメージを崩す姿にも挑戦しているが「衣装が想像していたものと全く違って、とにかく派手でした(笑)ですので角刈りはやめ、衣装に合う髪型をヘアメイクさんと話しながら作って頂きました」と、自ら提案してキャラクターづくりに取り組んだことを明かしてくれた。

本作の主要な撮影は、今年春、原作の設定にのっとり広島県呉市などで行われた。主人公である大上章吾を演じる役所広司は、撮影を終えた感想について「楽しかったですね。いい雰囲気だったし、俳優・スタッフ全員が“これはいい映画になるぞ”という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と、仕上がりを期待させるコメントを残した。

同じく撮影を終えての感想を聞かれた、大上の部下・日岡を演じる松坂桃李は「これまでなかなか体験することのなかった“攻めた現場”で、その日の現場がどういう感じで進むのか、想像のつかない日々でした」と、充実した現場を振り返った。

また、暴力団・尾谷組の若頭である、一之瀬守孝を演じている江口洋介は、撮影について「台本を超えているな、という手応えを感じていましたし、全てのシーンが繋がったら『仁義なき戦い』とはまた違った魅力を持ついい作品になると思います」と、名作への宣戦布告ともとれる大胆な発言で、作品への期待を表現する。

約1か月にわたった撮影は5月20日に無事クランクアップ。数か月にわたる編集作業を終え、ついに完成したそうだ。先ごろ解禁された特報で、是非本作のハードボイルドな雰囲気を味わってみてほしい。『孤狼の血』は、来年5月12日(土)公開。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報