【映画「ミックス。」連載】永野芽郁『瑛太さんと瀬戸康史さんは最強のペア!』

卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを題材に、欠点だらけの不器用な登場人物たちが成長していく姿を描く映画「ミックス。」(10月21日・土公開)。「リーガル・ハイ」(2012年)、「リーガルハイ」(2013年)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年)を手掛けたヒットメーカー・古沢良太が脚本を務め、スポ根&ラブ&コメディーが“ミックス”された笑って熱くなれるエンタテイメント作品となった。WEB「ザテレビジョン」では、キャスト・スタッフによるリレー・インタビューを連載中。第4回には、主演の新垣結衣のライバルとなる小悪魔女子を熱演した永野芽郁が登場!キュートな笑顔で撮影を振り返る。

卓球未経験ながら「一生懸命、卓球の練習もして頑張った」と明かす永野芽郁
  • 卓球未経験ながら「一生懸命、卓球の練習もして頑張った」と明かす永野芽郁

新垣さんのライバルを演じるのは、プレッシャーだった!

――新垣さんと瑛太さんがダブル主演を務めて、ミックスに挑む姿が描かれます。永野さん演じる愛莉は、新垣さん演じる多満子から恋人・江島(瀬戸康史)を奪い、江島とともに卓球日本一を目指す“小悪魔アイドル選手”です。

演じる役が“小悪魔で卓球界のアイドル”と聞いたとき、私は卓球もやったことがないし、自分には小悪魔要素もないに等しいと思っていたので、どうやってやろうと戸惑いました。一生懸命、卓球の練習もして頑張ったので、ぜひ見てほしいです。

――愛莉と瀬戸さん演じる江島のペアは、新垣さんと瑛太さんのライバル役となります。ライバル役を演じるプレッシャーはありましたか?

新垣さんの敵役になるので、それはプレッシャーでした。新垣さんは本当にかわいらしくて、女子からしても憧れの存在です。“その人の敵になるんだ”と思うと、“これは大変だぞ…”と。でも、“敵になるのは愛莉ちゃんだ”と思って頑張りました。

――愛莉はとても面白いキャラクターでした。どんな印象を持たれましたか?

愛莉はとても頭のいい子だと思いました。それが計算高いといえば、そうなんですが…(笑)。でも新垣さん演じる多満ちゃんを本気にさせるような言葉をかけたり、火を付けるような行動に出たりする。それは愛莉が“本気でぶつかって来い!”と思える強さを持っているからだと思います。憎たらしいだけじゃない、頭がよくて、強くて、男らしい女の子だなと思いました。

【写真を見る】小悪魔女子っぽいポーズで!瀬戸康史&永野芽郁
  • 【写真を見る】小悪魔女子っぽいポーズで!瀬戸康史&永野芽郁

――瀬戸さん演じる江島は、多満子から愛莉へと乗り換えてしまう超プレイボーイです。永野さんから見て、江島のような男性をどう思いますか?

なんだか人間ぽいなと思いました。悪気があって、多満ちゃんにイヤな言葉をかけていたりするのではないので、本能のままに生きているんだと思います。変に自分を隠して、きれいなところだけを見せようとする人に比べたら、裏表がなくて、関わりやすい人かもしれません。

新垣さんはみんなを包み込むような方。憧れの女性です

――新垣さんと共演してみて、印象的だったことはありますか?

周りをものすごくよく見ている方です。私が一人でいたら、“こっちにおいで”とさりげなく声をかけてくださったり、ものすごく色々なことに気を遣ってくださる。本当に優しくて、みんなを包み込むような方です。それでいて“主演”というものをしっかりと背負っていらっしゃって、ものすごく強い方なんだなと思いました。お会いしてみても、やっぱり憧れの女性でした。

愛莉は「頭がよくて、強くて、男らしい女の子」という
  • 愛莉は「頭がよくて、強くて、男らしい女の子」という

――劇中では、見事な卓球シーンを披露しています。卓球をやったことがなかったとのことですが、やってみていかがでしたか?

本当に難しかったです。私はもともとスポーツが大好きで、中学校では3年間、陸上部に仮入部していました。

――3年間、仮入部なんですか!?

うふふ。本入部すると、大会に出たりしなければいけないんですが、すでにお仕事も始めていたので、大会には出れなくて…。運動は好きなので、仮入部させてもらって走っていました。

――そういうことなんですね。運動好きの永野さんでも、卓球は難しかったですか?

ラケットの向きを少し変えるだけで、ボールが変な方向に飛んで行ってしまったりするんです。どっちに飛んで来るかもよく分からないから、ラケットを振ったらその間にボールが落ちていることもあって(笑)。奥が深いなって思いました。

超プレイボーイな江島を「なんだか人間ぽいなと思いました」と明かす
  • 超プレイボーイな江島を「なんだか人間ぽいなと思いました」と明かす

――今回は豪華キャストのみなさんが、カラフルなキャラクターを演じています。もし「この人とこの人が卓球のペアを組んだら、面白そう!」と思うような“最強ペア”は誰だと思いますか?

瀬戸さんと瑛太さんに組んでほしいです!瀬戸さんと瑛太さんは、撮影中、本当に仲がよかったんです。撮影が終わってからも“ご飯行こう”とお話されていることがよくありました。ものすごく息の合ったミックス、あれ…?男女ではないので、ペアですね(笑)。最強のペアになると思います。

――映画「ミックス。」は、永野さんにとってどんな作品になりましたか?

何がきっかけで、熱くなれるものが見つかるか。それは本当に分からないものだなと思いました。そのきっかけって、人によってもきっと全然、違うものですよね。突然、明日にでも自分が本気になれるものや、誰にも負けたくないと思うものができるかもしれない。そう思うと、日々のちょっとしたことや、毎日をもっと楽しんでいけそうだなと思うことができました。

ながの・めい=1999年9月24日生まれ、AB型。東京都出身。2018年4月2日(月)スタートの連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)で主演を務める

映画「ミックス。」
10月21日(土)公開
脚本=古沢良太/演出=石川淳一/出演=新垣結衣、瑛太、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世ほか

◆映画「ミックス。」新垣結衣ほか、キャストリレー連載はこちら↓↓◆

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報