カイリー・ミノーグ、美貌は復活もドレスが微妙過ぎ!?

数年前は、容姿の衰えが指摘されていたカイリー
  • 数年前は、容姿の衰えが指摘されていたカイリー

19歳年下の恋人との婚約破棄、過剰なボトックスとフィラーによって老婆のようと言われていたカイリー・ミノーグ(49)だが、新たな恋の噂も浮上して私生活も絶好調の様子。美貌も復活したと評判だが、ファッションでは、ちょっとした失敗をしてしまったようだ。

パリ・ファッション・ウィークでヴォーグ誌主催のイベントに出席したカイリーは、下着が透けて見える流行りのピーチカラーのシアードレスで、レッドカーペットを歩いた。

デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、このドレスには、同じくトレンドのフリンジが、腕、ウェスト、裾周りにちりばめられており、少々賑やか過ぎる感があり、これを見たネットユーザーたちからは「いかにもボトックス顔って感じだけど、綺麗になった」。

「カイリー・ミノーグ復活は嬉しいけど、このドレスはないんじゃない」「まるでカーテンドレス」「セレブって、みんな似合ってないのになんでカーテンドレスが好きなのかな?」「デザインもさることながら、色も似合ってない」とドレスを酷評する声が挙がっている。

しかし後日、白いTシャツとハイウェストのパンツなどシンプルな出で立ちで登場したカイリーには「いくら顔をいじっていても、やっぱり49歳とは思えない美しさ」と、絶賛の声も寄せられている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報