松本潤「忘れられない作品になりました」

『ナラタージュ』で松本潤と共演した有村架純
  • 『ナラタージュ』で松本潤と共演した有村架純

2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた島本理生原作の恋愛小説を、嵐・松本潤主演、有村架純共演で映画化した『ナラタージュ』の初日舞台挨拶が10月7日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。松本潤、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、行定勲監督が登壇し、鏡割りを行った。松本は「忘れられない作品になりました」と溢れる熱い思いを口にした。

「今まで自分がやってきた表現方法とは違う方法を今回勉強させていただいた。何かを表現する時、こういうやり方もあるんだと広げてもらった作品。本当に行定監督に感謝しています」。

有村も「私はこれまで正統派な役が多かったなかで、このような作品や役柄は初めてで。自分としても、選んでいただいたことがとっても嬉しかったですし、本当に光栄に思っています。23歳という年齢でこの作品で残せたことは、今後もすごく大切になるんじゃないかなと思っています」と感謝した。

登壇者には、映画にちなみ、忘れられない人やもの、出来事についての質問が。松本は『ナラタージュ』を最初に観た時の感想に触れ「自分の恋愛の感覚ではなくて、自分が今まで生きてきたことを振り返るような時間でした」と述べた。「その時、もう会えない人のこと、中村勘三郎さんとか、蜷川幸雄さんとか、強烈に僕の記憶に残っている人のことをすごく考えました」。

有村は「母の手料理です」と答えた。有村は「私が風邪を引いて、病院から帰った後に、母が作ってくれたのがちらし寿司で。お腹が空いていたので食べたらものすごく美味しくて。それが忘れられないですね」と言うと、松本は「母の手料理、素晴らしい」と絶賛した。

本作は全国289スクリーンで公開され、本日の舞台挨拶は、全国129スクリーンで生中継された。

『ナラタージュ』は2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生の恋愛小説の映画化作品。高校教師(松本潤)と生徒(有村架純)が時を経て再会し、究極の恋に落ちるという恋愛模様が描かれる。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)の行定勲監督がメガホンをとった。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報