サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

宮崎あおいが主演映画「ソラニン」でギタープレー&歌声を披露!

映画「ソラニン」の完成披露試写会に出席した近藤洋一、高良健吾、宮崎あおい、桐谷健太、三木孝浩監督(写真左から)
  • 映画「ソラニン」の完成披露試写会に出席した近藤洋一、高良健吾、宮崎あおい、桐谷健太、三木孝浩監督(写真左から)

4月3日(土)から公開される映画「ソラニン」の完成披露試写会が1月28日、都内の劇場で行われ、主演の宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)と、三木孝浩監督が舞台あいさつを行った。

本作は、浅野いにおの同名コミックが原作の青春物語。仕事を辞めて恋人の種田(高良)と「ロッチ」という名のバンドを組んだ芽衣子(宮崎)が、さまざまな悩みを抱えながら人生を見詰めていく姿を描く。宮崎がギターと歌を披露するのも話題となっている。

宮崎は「この作品に出演したことで、やりたいことがあってもうまくやれずに立ち止まってしまうこともあるんだという感覚が分かった気がします。若い人たちはこれからそういう気持ちになることもあるだろうし、大人はそういう場所を乗り越えてきたんだって強く感じました」と感慨深げにコメント。ギターを演奏し歌声も披露しているが、「歌は苦手なので人前で歌うなんてあり得ないことだったんです。ただ、いつまでも逃げてちゃいけないと思い挑戦しました。ライブハウスのシーンは本当に気持ち良かったですね」と振り返った。

ドラム担当・ビリー役の桐谷は「今回の撮影でみんなが初めて顔を合わせたのはスタジオでの練習の時でした。1曲演奏した後に“これはいける”と確信しました。会ったばかりだったけど、会話は必要なかったですね」と答え、撮影の雰囲気の良さを感じさせた。

これまで多くのアーティストのPVやライブ映像を手掛けてきた三木監督も「演奏がうまいバンドはたくさんいるけど、良いグルーブを持った人たちとはなかなか出会えないんです。でも、ロッチは最初からグルーブ感がすごかったんですよ。初日の練習を終えた時に、近藤くんが“ちゃんとバンドだね”って言っていたのが印象的です」とロッチに太鼓判を押した。

映画「ソラニン」
4月3日(土)より全国ロードショー

キーワード

[PR] おすすめ情報