ジャネット・ジャクソン、いじりすぎのボディと顔は驚愕の若さでも手は年齢以上!?

30キロの減量に成功したというジャネット
  • 30キロの減量に成功したというジャネット

1月に息子のエルサを出産し、8月には30キロの減量に成功したと言われているジャネット・ジャクソン(51)が、ボディと顔にさらに磨きをかけて復活。

チケットが完売したロサンゼルス公演は大盛況に終わり、若々しさとキレキレのダンスが絶賛されている。

スター誌などには、コンサートの後のアフターパーティで、トップでまとめたポニーテールに、黒いオフショルダーのブラウス、革のロングタイトスカートを着たジャネットの写真が掲載されているが、8月よりさらにスリムになったように見受けられる。

さらに、顔は艶々でシワひとつないことから、ネットユーザーたちからは「産後のボディとは思えない」「お見事!」「痩せても顔にしわがないのはすごい」「顔が変わりすぎ」「いじりすぎだけど、痩せてもシワがないのは驚き」「40歳と言ってもおかしくない」といったように、顔をいじりすぎたことは皮肉られながらも、驚愕の若さには絶賛の声が寄せられている。

しかし、多くのセレブたちも指摘されているように、手は顔以上に年齢を語るもの。「顔をいじっても、シワシワの手は年齢以上に老けている」「なんで顔ばっかり?」「顔もやるなら手もセットでお願いします」といった鋭い指摘もあるようだ。

ちなみにマドンナは、指摘を受けてか、血管が浮き出た手の若返りも図ったと言われており、しばらくの間手袋をはめて公の場に現れていたこともある。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報