時代は“友チョコ”!? 女子があげたい女性に北川景子、益若つばさ

“バレンタインクイーン”として登場した益若つばさと北川景子(左から)
  • “バレンタインクイーン”として登場した益若つばさと北川景子(左から)

WEBサイト・ORICON STYLEは、江崎グリコ(株)特別協賛による「ORICON Valentine Festa 2010」を2日、都内で開催。同サイトが選出した「バレンタインクイーンアワード2010」の表彰式が行われ、“バレンタインクイーン”として北川景子と益若つばさが出席した。さらに、Julietによるスペシャルライブが行われた。

同サイトでは、昨年12月からことし1月にかけて、女子高校生300人を対象にバレンタインデーに関する意識調査を実施。バレンタインデーにプレゼントするのは「本命チョコ」や「義理チョコ」を抑えて「友チョコ」が1位となった。「友チョコ」の贈り相手の定義にもなる「好きな女性やあこがれの女性」に関する調査では、“あこがれのドラマヒロイン部門”“見ほれてしまう女性有名人部門”で北川が1位に選ばれた。2部門で1位を獲得した北川は「たくさんの女性の方に支持していただけて、本当にうれしいです」と喜びを。また、“好きなギャルモデル部門”で1位に選ばれた益若は「今日はギャルの中の1位に選んでいただいたので、いつもよりまつげを濃くして、女ウケを狙って来ました! 」と話し、会場を沸かせた。

また、ポッキーにチョコペンやトッピングシュガーでデコレーションをする“デコポッキー”が紹介され、バレンタインクイーンの北川と益若には、デコポッキーをモチーフにしたトロフィーが授与された。北川は「今までは、手先が器用じゃなくて手作りはあまりしなっかたのですが、これなら簡単で挑戦できますね!!」と意欲を見せ、「もし友チョコを渡すなら、今あこがれている松嶋菜々子さんに渡したいです」と明かした。

一方、バレンタインの思い出を尋ねられた益若は「今のだんな(梅田直樹)と付き合う前に、バレンタインの時期に海外で撮影をしていて、『日本に帰って来て、1つももらえてなかったらわたしがあげるね』と約束したら、本当にもらえてなくて、わたしがあげたのがきっかけで付き合う事になったんです」と照れながら語った。また、益若は「友チョコも大事だけど、14日は友チョコをあげた友達に協力をしてもらって、積極的に頑張って!!」と女性たちにエールを送った。

キーワード

[PR] おすすめ情報