手塚治虫の愛した楽曲がCDになって発売!

豪華付録がついているぞ!
  • 豪華付録がついているぞ!

ことし生誕80周年を迎える世界的な漫画家「手塚治虫」が書斎で聴いていたレコードをCD化しての発売が決まった。

手塚治虫の創作現場を追った数々のドキュメンタリー番組内では、作品に合わせたレコードを聴きながら執筆される模様が登場していたが、今回の商品の内容はまさにその手塚治虫の作品を産み出すアイデアの源となった音楽のパッケージ化で、手塚作品をこよなく愛するファンには極上の一品である事は間違いない。

収録内容もさることながら、特に注目したいのは商品の付録内容である。書斎に所蔵していた200枚近いレコードのリストや書斎の写真、手塚さんのエッセイ等の他、初回盤には60年代に流行したアトムのメンコの復刻版(デザインが2バージョンありどちらか)が封入されている。

ことしは手塚治虫の生誕80周年でもあり、それを記念したイベントは各地で行われ、11/22(土)には手塚治虫ファン大会in早稲田も開催される。また、他にも、手塚治虫80周年とエイベックス20周年の記念プロジェクトravexも始動しており、その新たなキャラクターも含めて、今後も手塚治虫が注目されるだろう。

世界的な漫画家「手塚治虫」のプライベートを感じることができる貴重なCDなので、ぜひ聴いてみたい。

【CDリリース情報】
「手塚治虫 その愛した音楽」
価格:RZCM−46040 3,360円(税込)
【内容】豪華BOX仕様ジャケット
■CDアルバム1枚
■手塚治虫が所蔵していた200枚近いレコードの中から、特に好んで聴いていた名曲を、当時の原盤音源のまま収録(全8曲)
■オリジナルブックレット
・書斎に遺された所蔵レコード約200枚のリスト
・書斎や所蔵レコードの貴重な写真。
・手塚治虫の音楽に対するエッセイ「ぼくとチャイコフスキー」掲載。
・生前の手塚先生を知り、先生と音楽を語れる方々のインタビュー。
■特別付録 60年代流行したアトムのメンコをパロディ復刻したものを封入(デザインが2バージョンあるうちのいずれか)。

キーワード

[PR] おすすめ情報