キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ドレスは絶賛もテカテカボディは年齢不相応?

自然な美しさで知られていたキャサリンだが…
  • 自然な美しさで知られていたキャサリンだが…

キャサリン・ゼタ=ジョーンズの、大人の色気漂うセクシーさが絶賛される一方で、ワックスのようにテカテカなボディが不評を買っている。

カンヌで行われた国際映像見本市のガラに、おへそまで胸元が大きくあいたプランジネックでレースの黒いズハイル・ムラドのシアードレスを着て歩いたキャサリンの写真がミラー紙に掲載されているが、顔、胸元、背中に至るまで、ボディ全体がテカテカだ。

大人の色気漂うセクシーで完璧ともいえるプロポーションのボディが絶賛される一方で、テカリ過ぎているボディには不自然さを感じるネットユーザーたちも多かったようで「このドレスは、ちょっと若者向きかな」「オイルを塗りまくったって感じで不自然すぎる」「顔も胸元も、いくらなんでもテカリすぎ」「やりすぎると、ギトギトしたおじさんみたい」「テカリ過ぎで、やつれて見える」といった非難の声が寄せられている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報