銀座で味わう地産地消 直送ダイニングを発見

金目鯛は、ダシがじわ〜っとうまい/小湘亭
  • 金目鯛は、ダシがじわ〜っとうまい/小湘亭

その土地で採れるものをその土地で食べましょう、という地産地消。食の安全が叫ばれる昨今、もはや常識とまでいえるが、なかなか都会のど真ん中で実践するのは難しいもの。しかし、さすが食のパラダイス、銀座。各地の“地産地消ダイニング”を忠実に再現した店を発見した。

「小湘亭(こうみてい)」(中央区銀座5-9-5)は、湘南の食材を地元の生産者から直送しているレストラン。湘南出身のオーナー山下佳奈子氏が“湘南にある普通のダイニング”を銀座に作りたくて、ことしオープンした。おすすめはなんと言っても「塩煮(2480円〜)」。相模湾で捕れたメバルやカサゴ、金目鯛などを丸ごと塩味に蒸したシンプルなものだが、出汁のうまみがたまらない。しかも添えられたレタスを出汁にひたして、バリバリ食べるのが通。さっぱりしてアクセントになる。和食出身のシェフだけに、食材の組み合わせの足し引きや細やかな仕事ぶりが随所に現れているのを、目で見て舌で味わってほしい。

八丈島の漁師がオーナーという「八丈島 ゆうき丸 銀座本店」(中央区銀座8-9-15)は、上品な郷土料理店。オーナーが所有する“第三友喜丸”で捕った八丈島近海の魚介を、その素材にもっとも適したタイミングで提供することで、食通からの評判も高い。女梶木(めかじき)、飛魚(とびうお)、姫鯛(ひめだい)など天然モノのほか、島魚のヅケと岩ノリを使った八丈島の郷土料理「島寿司(上・1260円)」など、食材も食べ方も八丈島発祥のメニューが並ぶ。

都心で地産地消体験。まるで旅行先の料理屋に寄ったような気分になれる味をぜひ。【東京ウォーカー/高柳舞】

●小湘亭
住所:中央区銀座5-9-5 田創館ビル 2F
電話:03-3289-4753
●八丈島 ゆうき丸 銀座本店
住所:中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 7F
電話:03-3574-8989

キーワード

[PR] おすすめ情報