瑛太、新垣結衣からの“あーん”に喜び!“ガッキー愛”多めで「叩かれた」

ガッキー「公開、やった!」とキュートな笑顔
  • ガッキー「公開、やった!」とキュートな笑顔

新垣結衣と瑛太がダブル主演を果たしたロマンティックコメディ映画『ミックス。』の初日舞台挨拶が10月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、新垣と瑛太をはじめ、広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一、石川淳一監督が登壇。大ヒットを祈念し、新垣から瑛太にファーストバイトが行われ、瑛太があんぐりと大口を開けてケーキを頬張った。

気鋭の脚本家・古沢良太が手がけ、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通して再生していく姿を描く本作。

初日を祝してステージには、直径30cmものピンポン球型ケーキと、ラケット型クッキーが登場。ラケット型クッキーでケーキをすくうことになると、新垣は「壊しちゃいそう!」と苦笑い。上手にケーキをとりあげて瑛太に寄せると、瑛太はあーんと口を大きく開けてパクリ。口の周りにケーキをたっぷりとつけて、「おいしい」と喜びを語る。新垣は「やった!公開!」と笑顔を弾けさせていた。

新垣は「“やっとだな”という感じ。みなさんに観ていただいて、本当の意味で完成する。ドキドキしています」と客席を見渡して感無量の面持ち。本作を通して、「一生懸命な姿って、すごく素敵だなと思った」と心を込めていた。

一方の瑛太は「『ガッキーを好きです』と言うと叩かれるし、『大好きです』と言っても叩かれる」と“ガッキー愛”を炸裂させながら言い放ち、会場を笑わせた。どうやら新垣と共演したことで嫉妬を買ってしまったようで、「こんなに素晴らしい映画に携われた。日本中のみなさんが元気になれる映画」と熱くアピールするとともに、「ガッキーと仕事をするとこれだけ叩かれるんだと実感しました」と語り、再び会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報