ゴジラの熱線が地球を切り裂く!『GODZILLA 怪獣惑星』の想像を超えた展開にア然

これまでのイメージを覆す、その姿
  • これまでのイメージを覆す、その姿

国内累計観客動員が1億人を超える、国民的シリーズ「ゴジラ」。そのシリーズ60年以上の歴史で、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』が、いよいよ11月17日(金)に公開となる。

1954年の第1作以降、ゴジラは日本文化を象徴するアイコンとして世界中の人々に愛されてきた。その影響は大きく、スティーブン・スピルバーグ、ピーター・ジャクソン、ティム・バートンら、名だたる世界のクリエイターたちが、自らを「ゴジラ・フリーク」と称している。

2016年には、ゴジラを愛してやまない庵野秀明が総監督を務めた『シン・ゴジラ』が公開。巨大生物の出現に対する国家の反応がリアリティをもって描かれた事が観客の心をつかみ、興行収入82.5億円を記録、第40回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞など最多7冠を獲得した。また、2014年に公開され、世界興行収入600億円に迫るヒットとなったハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』も、現在続編が製作されている。そして、国産アニメ生誕100周年の記念すべき年となる2017年、日本が世界に誇るアニメーション技術を駆使して描き出すのが、本作『GODZILLA 怪獣惑星』だ。

スタッフには、国内の精鋭が集められた。監督には「名探偵コナン」シリーズ歴代1位のヒットを記録した『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛けた静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督に「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の瀬下寛之。ストーリー原案・脚本は「魔法少女まどか☆マギカ」や「PSYCHO-PASS サイコパス」などの深夜アニメで支持を集める鬼才・虚淵玄。制作は「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」などで米テレビ界の最高賞、エミー賞のアニメーション番組特別部門最優秀賞を通算5度受賞したポリゴン・ピクチュアズ。この豪華スタッフ陣が、誰も見たことのない新しいゴジラに挑む。

また、声優キャストにも、宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、三宅健太、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘と、主役級の実力派声優が集められた。

8月に公開された特報では、2000年に「ある災害」から難を逃れるため、人類は宇宙空間に退避しており、彼らが帰還した地球は2万年が経過し、ゴジラを頂点とする生態系に変わり果てた世界となっていた、というショッキングな展開を明らかにし、既存のゴジラ作品と異なる世界感が話題を呼んていた。

この度、公開された予告編では、人類と、地球を支配したゴジラとの戦闘シーンをついに解禁。地響きと共に現れるゴジラの巨大な姿、全身を光らせ青白い熱線を放つ攻撃シーンに注目してほしい。一瞬ではあるが、明らかにこれまで映画の中で描かれてきたゴジラとは違うタイプの熱線攻撃が映し出されている。

さらに、ホバー部隊がゴジラの周りを360°旋回しながら一斉攻撃をしかける、3DCGアニメーションだからこそ実現可能なカメラワークから生みだされた、ダイナミックなアクションシーンも含まれており、人類がどのようにゴジラに立ち向かうのか、興味は尽きない。果たして、人類は地球を取り戻せるのだろうか。

これまでのシリーズのフォーマットを破り、予想できない展開が待ち受ける『GODZILLA 怪獣惑星』。新しいゴジラの始まりを告げる咆哮が今、響き渡る!【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報