学園ミステリー『氷菓』で新境地に挑んだ安里麻里監督が明かす、ヒロイン“千反田える”の初期設定とは…?

『氷菓』で監督を務めた安里麻里
  • 『氷菓』で監督を務めた安里麻里

『バイロケーション』や『劇場版 零~ゼロ~』など、ホラー作品に定評のある安里麻里監督が、学園ミステリーという新境地に挑んだ最新作『氷菓』(11月3日公開)。廃部寸前の古典部に入部した主人公たちが、部に代々伝わる文集や、学園の謎に挑んでいく物語は、ミステリーファンならずとも見入ってしまう見事な出来栄えだ。

「昔はテレビドラマで青春ものをやったことはあるんですけど、長編映画では初めてですね」と、ホラー作品で埋め尽くされた自身のフィルモグラフィーを振り返った安里。「個人的にはホラー映画であっても、人間ドラマを主眼にした作品を多く作ってきたので、今回もいつも通りの感じで撮りました」と語る。

本作には企画開発の段階から関わるなど、とくに思い入れの深い作品であると、完成披露イベントで語った安里は、脚本執筆の段階において「映像化する上で、主人公の推理描写をどうやって見せるかがチャレンジだった」と明かした。さらに「原作の世界観に合わせてロケ地を選んだり、章立てにした構成にするなど、小説的なイメージを重視した」と原作ファンの期待に応える作り込みを図ったことを語った。

また、キャラクターの個性を重視した本作で、主人公の折木奉太郎役に山崎賢人を配役した決め手について訊ねると「今時の高校生らしくないセリフが多いんですよね」と、文語調で喋る奉太郎というキャラクターの特殊性を振り返り、笑顔を見せた安里。「時々きつい言葉遣いになるキャラクターなので、それがきつく見えないキャスティングにしたいと思った」と明かす。

そして「山崎くんは棘がなく柔らかいイメージだし、普段はキラキラした役が多いから、奉太郎を演じるとどうなるんだろうと楽しみだった」と、安里が5年前に手掛けた『リアル鬼ごっこ3』から格段に成長した若手実力派筆頭株の山崎について語った。

一方好奇心旺盛のお嬢様・千反田えるについては「米澤先生が原作を書く前のアイデアの段階では、ロボットの設定だったらしいんですよ!」という、原作ファン衝撃の事実を語り始めた。「いかに人間味を持たせるか、決め台詞の『私、気になります!』の言い方については、型にはまらず、キャストの方に合わせた言い方で作ってほしいと米澤先生にお言葉頂きました。なので、広瀬さんに決まったときに、芯の強い彼女のイメージに合わせて、掴んだら離さないような強さがあるキャラにしていきました」と振り返る。

これまでの作品でも、画作りにこだわりを見せてきた安里は、本作でも本郷奏多演じる関谷純の33年前のシーンをはじめ、現代パートのシーンにも古風な雰囲気を漂わせた。その独特の作風の礎には、三隅研次や増村保造など、安里が敬愛する大映映画の大胆なカット割りや演出の影響を受けていると明かす。中でも主人公が推理を進めていくうちに、33年前と交錯していく演出が気に入っているのだとか。

今回の『氷菓』は<古典部シリーズ>の記念すべき一作目。もしこの後のシリーズも映画化するならば、どの作品がいいかと訊ねると、3作目である「クドリャフカの順番」を即答した安里。「いろんなところで事件が勃発して、視点が飛ぶのがすごく面白くて活劇っぽい感じがする。是非とも撮りたいですね」と笑顔を見せた。【取材・文/久保田和馬】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報