サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

子どもの教育費について考えよう。18歳になるまでに貯めておきたい金額は?

子どもの教育費は、どれくらいかかる?
  • 子どもの教育費は、どれくらいかかる?

たくさんお金がかかると分かっていても、なかなか貯められないのが教育費。でも、いざ子どもが成長したとき「お金が足りないから希望の進路には進めない」なんてことは避けたいですよね。子どもがやりたいことをやらせてあげたい――そのために必要なお金はいくら必要か。ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに伺いました。

 

18歳までに最低300万円を目標に貯め始めよう!

【写真を見る】18歳までに最低300万円は貯まるように積み立てを!
  • 【写真を見る】18歳までに最低300万円は貯まるように積み立てを!

幼稚園から高校までも教育費はかかりますが、年間100万円以上のお金が必要になるのが、大学や専門学校に通うとき。ファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんは、「教育費はゴールから考えましょう」と提案します。

「子どもが生まれたらまず、18歳までに最低300万円は貯まるように積み立てを始めましょう。積み立てを確保しつつ、月々の家計の範囲で習い事や塾、私立へ通わせることができれば検討してもいいでしょう」。

先に使ってしまって、大学進学時にお金がないということにならないように、計画性を持つことが大事です。

「子どもが小さいうちが貯め時」とは、よく聞くことば。子どもの人生を左右する進学時に、親が息切れしないよう、今からしっかり備えておきましょう。

教えてくれたのは:氏家祥美さん
ファイナンシャルプランナー。ハートマネー代表。キャリアコンサルタントの資格も持ち、お金・仕事・生活時間のバランスが取れた「幸福度の高い家計」作りをサポートしている。著書は『子どもの年代別大学に行かせるお金の貯め方』(PHP研究所)など。大学生と中学生の子どもの母。

編集協力=生島典子

キーワード

[PR] おすすめ情報