橋本環奈、お忍び&ひとりで『斉木楠雄』鑑賞。中学男子から「あんなに口開くんだ」と生の声

橋本環奈、お忍びで映画鑑賞も「誰ひとり、バレなかった!」
  • 橋本環奈、お忍びで映画鑑賞も「誰ひとり、バレなかった!」

週刊少年ジャンプで連載中の人気コミックを実写映画化した『斉木楠雄のΨ難』(公開中)の大ヒット御礼イベント「橋本環奈&賀来賢人、福田雄一監督と一緒に映画を見て笑おう上映会」が10月29日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、映画鑑賞後に3人がトークショーに登場した。

本作は、とんでもない超能力を持ちながらも、普通の生活を望む高校生・斉木楠雄を主人公に、ワケありのクラスメートたちと過ごす抱腹絶倒の学園生活を描く物語。劇中では、山崎賢人演じる主人公・斉木に恋をする照橋役を演じている橋本。白目や大口を開けるなど、『銀魂』に引き続き、コメディエンヌとしての才能を爆発させている。

福田監督によると、『銀魂』で万事屋を演じた小栗、菅田将暉、橋本と福田監督で“万事屋LINE”というグループがあるとのこと。「そこに静止画を送ったら、小栗旬が『これ本当に流すの?大丈夫?』って心配してた。完全に口を開けて、白目だったからね」と小栗までが橋本の大胆演技に衝撃を受けていたそう。これには橋本も「心配してた!」と大爆笑だった。

また橋本は、本作を鑑賞するためにお忍びで映画館に足を運んだという。橋本は「ひとりで二子玉に観に行った」そうだが、「満席に近かったけど、誰ひとりバレなかった」と驚きの告白。「中学生くらいの男の子が多くて。会話を聞いたら、橋本環奈の話をしていて。登場シーンでは『かわいい』と言ってもらって、うれしかった」とニッコリ。

さらに「『かわいい』と言ってもらえるのはうれしいんですけど、そのうち『あんなに口開くんだ』『あんなにやるんだ』って言っていて」と次第に、周囲はリミッターを外した橋本の演技に驚愕していた様子。橋本は「でも笑ってくれていた。生の声が聞けて、うれしいです」と観客の反応に大喜びだった。

福田監督は「コメディエンヌまっしぐらですね」と橋本の演技に太鼓判を押すと、賀来も「福田さんがこんなに女優に食いついているのは、初めて見た」とコメント。「(橋本と)あまり撮影ではご一緒できなくて。(映画を観たら)なんだこいつは!とんでもないヤツ現れた!と思った」とこちらも目を丸くしていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報