2009年ハリウッドで最も稼いだ男優と女優は、あのカップル

最年少のダニエル・ラドクリフ
  • 最年少のダニエル・ラドクリフ

業界誌バニティ・フェアが、2009年にハリウッドの映画業界で最も稼いだトップ40人を発表した。男優、女優では、ともに『ハリー・ポッター』シリーズで一躍スターダムにのし上がった最年少のダニエル・ラドクリフとエマ・ワトソンが、ナンバーワンの座に輝いた。

同ランキングは、ギャラや興行成績だけではなく、DVD関連の著作権など多くの要素が含まれるため、総合の1位はマイケル・ベイ監督、2位はスティーブン・スピルバーグ監督(ともに、『トランスフォーマー リベンジ』(08)の監督とプロデューサー)、4位は、『アバター』(09)のジェームズ・キャメロン監督と、そうそうたる監督が名を連ねている。

そんな中にあって、男優では20歳のラドクリフが、4100万ドル(約39億円9000万円)で総合6位、19歳のエマは、3000万ドル(約27億円)で総合14位の座に。トップ20位の中にはトム・ハンクスもジョニー・デップも入っておらず、女性ではキャメロン・ディアスが19位にランクインしているのみ。「ハリポタ」の威力はハンパじゃない。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報