5回も演じて飽きちゃった!?クリス・ヘムズワース演じるソーがイメチェン!

マーベル・コミックのヒーローたちが集結したドリームチーム“アベンジャーズ”の主要メンバーの一人、ソー。その単独主演作第3弾『マイティ・ソー バトルロイヤル』が現在公開中。11年に製作された1作目からソー役を務めるクリス・ヘムズワースだが、本作で同役を演じるのは5度目。ゆえに、心の内ではソー役に飽きてしまっていた(?)という。

ニュースタイルのソーがスクリーンで大暴れ!
  • ニュースタイルのソーがスクリーンで大暴れ!

物語は、人工知能ウルトロンとアベンジャーズとの戦いから2年後。故郷アスガルドに戻ったソーは、国を追放された父オーディン(アンソニー・ホプキンス)を捜す旅に出る。だがその途中、突如現れた死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)の襲撃に遭ったソーは、辺境の惑星サカールへ飛ばされてしまう……。

ケイト・ブランシェット演じる今作の強敵ヘラ
  • ケイト・ブランシェット演じる今作の強敵ヘラ

ソーといえば、神の国アスガルドの王子にして荒ぶる雷神。怖いもの知らずの“オレ様”な言動で周囲を圧倒し、彼以外には持ち上げることさえできない究極のハンマー“ムジョルニア”を振り回すワイルドなヒーローだ。そんなソーを象徴するのが、金色に輝く美しい長髪。しかし、そのトレードマークであるヘアスタイルが今作で大きく変化。“作品を多くの人に楽しんでもらうためには、ユニークでスペシャルな何かが必要だ”と感じたクリスは、「髪を短くし、コスチュームを変え、作品のトーンを変えよう!」と、自ら製作陣に提案したそう。

【写真を見る】おなじみの長髪時代のソーはこちら
  • 【写真を見る】おなじみの長髪時代のソーはこちら

その結果、惑星サカールで格闘技大会に出場するハメになったソーは、ある人物(このキャラにも要注目!)に髪をバッサリとカットされ、男臭さがいっそう増したグラデュエータースタイルに変身。民を守る王子らしからぬ兵士のような質素な鎧に身を包み、チャンピオンとして大会に君臨する盟友ハルク(マーク・ラファロ)と激しい肉弾戦を繰り広げる!

仲間のはずのハルクとガチンコバトル!
  • 仲間のはずのハルクとガチンコバトル!

果たしてソーは数々の苦難を乗り越えアスガルドへ帰還し、故郷を奪おうとするヘラを打ち負かすことができるのか?来年4月27日(金)公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へとつながる重要な一作でもある本作で、クリス自身が仕掛けた一味違うソーの見せる活躍を、ぜひ劇場でチェックしてほしい!【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報