セレーナ・ゴメス、ザ・ウィークエンドと破局!ジャスティンと復縁?

新作映画では大胆なキスシーンも披露したセレーナ
  • 新作映画では大胆なキスシーンも披露したセレーナ

セレーナ・ゴメスとザ・ウィークエンドが、約10か月の交際を経て破局していたことが分かった。

E!ニュースに関係者が語ったもので、多忙によるすれ違いが原因だという。

「2人にとって、自分たちが向かっている現実を認識することはとてもハードなことですが、数か月間、辛い日々が続いたようです。正直に、そしてオープンに事態に向き合った結果、関係を解消する道を選んだようです。2人の距離が明らかに破局の主な原因」だという。

また米テレビ番組エンターテインメント・トゥナイトによれば「2人は、実質上ニューヨークで同棲しており、少しでも多くの時間を過ごすように努力してきました。セレーナが腎臓移植手術を行ったときも、ザ・ウィークエンドはセレーナを支えとても協力的でしたが、もちろん多忙でずっと付き添っていることはできませんでした」。

「またセレーナがカナダで仕事を再開したことで、破局は決定的なものとなりました。しかし、2人は大人なので、今でもよく話しますし、良き友人関係を続けている」という。

このニュースに納得する人たちが多いのは、オンオフを繰り返し、2014年に完全破局したはずのセレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーが、先週再会していたこと。

ジャスティンがロサンゼルスのセレーナの家を訪れる様子や、カフェで2人きりで朝食を食べる姿がTMZにパパラッチされており、三角関係が取り沙汰されていた。

あくまで2人は友人関係であり、ザ・ウィークエンドもそれについて「気にしない」と語っていたとの報道もあったが、2人はセレーナが腎臓移植手術を受けたことから再び再会していた模様。

ジャスティンとの再会が破局の引き金になったのか、ザ・ウィークエンドとのすれ違いからセレーナがジャスティンにコンタクトをとったのかは不明だが、セレーナにとって、辛く寂しい時にそばにいてほしい人がジャスティンなのであれば、復縁の可能性は大きい。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報