東野圭吾、最大の衝撃作!三池崇史×櫻井翔『ラプラスの魔女』に豪華キャスト集結

主役級のキャストが、東野ミステリを彩る!
  • 主役級のキャストが、東野ミステリを彩る!

『容疑者Xの献身』『プラチナデータ』など、映画化作品が大ヒットを記録するベストセラー作家・東野圭吾。彼のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が、『十三人の刺客』の三池崇史監督で映画化され、2018年のゴールデンウイークに公開される。

物語は、連続して起きた2つの不審死から始まる。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒。そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。

警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介に依頼する。青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定する。

ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華が、青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。果たして、円華には不思議な力が備わっているのだろうか。そして、予想もできなかった事件の真相へと、青江は辿り着いてしまう…。

東野自身「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と発言するなど発売前から話題沸騰となり、原作権の獲得に十数社が競合した人気作とあって、出演者も豪華キャストが顔を揃える。

主人公の大学教授・青江修介役を務めるのは、三池監督とは2009年の『ヤッターマン』以来、実に約9年ぶりのタッグとなる、嵐の櫻井翔。そして『三度目の殺人』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』など本年も出演が続く広瀬すずが、青江を翻弄する謎の女、羽原円華を演じる。

更に、来年『BLEACH』『旅猫リポート』『曇天に笑う』と主演映画3本の公開を控えている福士蒼汰が、事件のカギを握る青年、甘粕謙人をミステリアスに好演。その他にも、豊川悦司、玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、檀れい、リリー・フランキーという主役級のキャストが勢揃い。スタイリッシュな映像で描かれる、東野ミステリーの集大成的大作の完成を期待して待ちたい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報